PFUの歩み

沿革

2019年
Happy Hacking Keyboardシリーズ全世界累計出荷台数50万台突破
2018年

ScanSnapシリーズ全世界累計出荷台数500万台突破

組込みコンピューティング製品 累計販売台数100万台突破

2017年
イメージスキャナー全世界累計出荷台数1,000万台突破
2015年
e-文書法対応ソリューション強化
2014年
東京地区事業所を集約し横浜本社へ
2011年
製品・サービスのクラウド・モバイル対応の強化
2010年
北米市場におけるECMビジネス強化
2009年
スキャナー海外販売網を強化
2008年
ITインフラビジネス強化
2007年
エンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソリューション強化
2006年

情報KIOSK端末国内出荷実績No.1(2006年度)

開発・製造の新拠点ProDeSセンター開設

IP Communication Center開設(24H365Dの保守サービス拠点)

2004年
紙文書電子化ソリューション強化(OnBase)
2003年
楽²ライブラリ発売開始
2002年

ProDeSビジネス本格展開

スキャナービジネス本格展開

笠島工場を富士通ITプロダクツに分割

2001年

富士通GのスキャナービジネスPFUへ統合

ProDeS(開発製造サービス)を開始

IDC開設

1999年
Linuxサポートサービス開始
1992年

PFU上海計算機有限公司設立

マルチベンダ保守サービス開始

1991年
UNIXサーバDS/90シリーズ開発
1987年
ユーザック電子工業とパナファコムが合併

ユーザック電子工業

1986年

FACOM K260R 開発

USAC 2001 開発

1984年

FACOM K-10 開発

USACカマラード 開発

1974年
FACOM VO
富士通との共同開発第1号
1972年
3社提携(富士通、内田洋行、ユーザック)
1971年

本格的オフコンU720完成

小型コンピュータで日本初のシリーズ化

同一アーキテクチャー、同一ソフトウェア体系

1969年
「ユーザック電子工業株式会社」に社名変更
1966年
ビリングマシン電子計算機500完成
1962年
株式会社内田洋行と販売提携
1960年
合名会社ウノケ電子工業創立(従業員7名)

パナファコム

1986年

ミニコンPANAFACOM A-30開発

UNIXワークステーションPANAFACOM
A200UX開発

1983年
多機能パソコン PANAFACOM C280開発
1977年
UNIXへの取組み開始
1975年
世界初の16ビット1チップマイコン開発
1973年
パナファコム株式会社創立