1. ホーム > 
  2. ドキュメントソリューション > 
  3. IBM Notes/Dominoソリューション > 
  4. 導入事例 > 
  5. 株式会社朝日工業社様

導入事例 株式会社朝日工業社様

Lotus Dominoサーバ統合・集約による運用コストの削減
Lotus Dominoクラスタによる高信頼環境の構築
お客様の本社とバックアップ拠点へのサーバ分散配置により事業継続性(BCP)を確保

マイグレーションメニューおよびパワーアップメニューを利用した導入事例をご紹介します。
近年、ビジネスを推進する上で事業継続性(BCP)への関心が高まってきています。電子メールシステムが停止してしまうと業務が停滞し、お客様や取引先に多大なご迷惑をかけるケースも少なくありません。本事例は、Lotus Notes/Dominoシステムの災害対策を実現しつつ、サーバ集約による運用コスト削減、携帯電話からの社内メールアクセス環境構築という(1)リスク低減、(2)コスト削減、(3)新規サービス追加を実現したものです。


導入前の課題

  • サーバを分散配置したため、Dominoサーバ等の運用管理業務に多大な工数がかかる。
  • 本社内のメールサーバがダウンすると、全社メールが停止してしまう。
  • 外出先からメールシステムにアクセスできない。
  • Lotus Domino 6.5のサポート終了が目前に迫っている。

PFUが提供する解決策

  • 分散したサーバを集約し、運用管理工数を削減。
  • 待機サーバを配置し、メールシステムの停止時間を最小限化。
  • WorkSpice携帯アクセスソリューションを使用して、外出先から携帯電話によるメールシステムへのアクセスを実現。
  • Lotus Domino7へのマイグレーションを行い、継続運用を実現。

導入後の効果

  • 単一箇所の障害・災害時において業務継続ができる構成となり、業務停止による損失を低減。
  • 10拠点に分散していたDominoサーバを本社の1台のDominoサーバに集約でき、システム運用管理コストの削減を実現。
  • 携帯電話からLotus Notesメールの確認ができ、役職者外出時の意思決定スピードが改善。
  • Lotus Domino7サーバ導入によりサポート期間が延長され、安定運用を実現。

適用製品・サービス・ソリューション

マイグレーションメニュー

  • 設計・構築展開サービス
    システムのバージョンアップ、拡張に伴う移行方式や手順の策定、新運用方法の設計、サーバ/クライアントの機能の採用検討や詳細設定の検討等の各種設計を行い、サーバ/クライアントのインストール・セットアップやデータの移行作業を行います。

パワーアップメニュー


システム移行概要イメージ

企業概要

社名 株式会社朝日工業社
創業 1925年4月3日
設立 1940年8月8日
資本金 38億5,710万円
売上高 805億1,200万円(2008年3月31日現在)
従業員 901名(連結ベース、2008年9月30日現在)
URL http://www.asahikogyosha.co.jp/
事業概要
  1. 設備工事事業
    • 空気調和・換気設備
    • 給排水・衛生・消火設備等
  2. 機器製造販売事業
    環境制御に関する装置の設計・製造ならびに販売

お客様の業務で利用できるかプロがすぐに診断