1. ホーム > 
  2. ソリューション&サービス  > 
  3. PFUタイムスタンプサービス

FAQ

販売終了製品

開発キット(SDK)に関する項目

Q1 「PFUタイムスタンプ SDK RFC3161 for Windows」の今後の新OSへの対応方針を教えてください。
A1 Windows® 8.1 /Windows Server® 2012 R2 日本語版まで対応とし、以降の新OSへの対応はいたしません。
取得機能、検証機能ともに2024年 9月30日(予定)までサポートいたします。

Q2 「PFUタイムスタンプ SDK RFC3161 for Java」の今後の新OSへの対応方針を教えてください。
A2 Windows® 8.1 日本語版まで対応とし、以降の新OSへの対応はいたしません。
取得機能、検証機能ともに2024年 9月30日(予定)までサポートいたします。

Q3 「PFUタイムスタンプ SDK RFC3161 for Windows」や「PFUタイムスタンプ SDK RFC3161 for Java」をSEIKOタイムスタンプサービスで利用する方法を教えてください。
A3 以下のページに記載しております方法を適用してください。

http://www.pfu.fujitsu.com/tsa/news/togo_tool-130627.html


Q4 タイムスタンプを利用したアプリケーションの開発/システムの構築を検討しているのですがSDKなどありますか?
A4

以下のSDKをご用意しておりましたが、2013年 9月30日をもって新規のご提供を終了いたしました。

  • PFUタイムスタンプ SDK RFC3161 for Windows V3.0L21
  • PFUタイムスタンプ SDK RFC3161 for Java V2.0L20

Q5 タイムスタンプをサーバなどから自動付与することはできますか?
A5 当社にて、このようなアプリケーションを開発させていただくことも可能です。
詳しくは当社営業担当までお問い合わせください。

Q6 タイムスタンプを検証すると、チェーンがNGと表示される場合があるのですが、どうしたらよいですか?
A6 SEIKOタイムスタンプ
以下のページに記載しております検証に必要な設定を行ってください。
http://www.pfu.fujitsu.com/tsa/news/togo_tool-130627.html

PFUタイムスタンプ
証明書チェーンの検証に必要な証明書が設定されていない可能性があります。以下のページに記載しております証明書を設定し、再度検証を実行してください。

http://www.pfutsa.net/repository/certs/index.html


また、証明書チェーンの検証に必要な証明書失効リスト(CRL)にアクセスできていない可能性があります。以下のページに記載しておりますURLにアクセスができるよう設定し、再度検証を実行してください。

http://www.pfutsa.net/repository/revocation/index.html