1. ホーム > 
  2. ソリューション&サービス > 
  3. サービスインテグレーション > 
  4. ドキュメントインテグレーション > 
  5. ドキュメントキャプチャリングサービス

ドキュメントキャプチャリングサービス

精度の高いOCR技術の活用により、紙文書の効率的な電子化を実現します。

本サービスは、紙文書から電子データと管理情報を抽出し、利活用を促進するサービスです。
企業内で電子化が進まない理由の一つに、システムへの検索キーの入力作業など、新たな作業負担が挙げられます。高精度・最新技術を用いた文書の仕分け/OCR技術の活用により、電子化にまつわる作業を自動化します。


課題/解決


特長

  • さまざまな帳票の種類(定型・準定型・非定型)に対応可能です。※
  • さまざまなデバイス(スキャナ、カメラ、複合機)からの入力に対応できます。

※帳票の種類


定型帳票 準定型帳票 非定型帳票
帳票レイアウト
  • 帳票レイアウトと読み取り位置が固定の帳票
  • 記載項目は同一だが、レイアウトと読取位置が異なる帳票
  • 明細や表などの可変領域がある帳票
  • レイアウトされていない帳票
帳票例
  • 申込書
  • 調査書
  • アンケート
  • テスト
  • 本人確認証(運転免許証 他)
  • 見積書、注文書(P/O)、請求書(Invoice)
  • 領収書、レシート
  • 船荷証券(B/L)
  • 棚卸表、従業員一覧
  • 保険証券、医療領収書
  • 契約書
  • レター

提供機能・サービス

※ドキュメントプラットフォームサービスの詳細については、「ドキュメントプラットフォームサービス」をご参照ください。


費用・期間

サービスメニュー 規模 価格・期間
事前検証サービス
帳票数 1帳票
OCR項目数 5項目
検証規模 記入済み100枚を検証

参考価格:

(定型) 450,000円
(準定型/非定型) 450,000円

検証期間:2週間~

試行環境構築サービス
端末 1台(fiシリーズ:1台接続)
帳票数 1種の定型、準定型、非定型帳票
OCR項目数 5項目

参考価格:

(定型) 450,000円
(準定型/非定型) 800,000円

導入期間:2週間~

設計・導入サービス
端末 1台(fiシリーズ:1台接続)
帳票数 1帳票
OCR項目数 5項目

参考価格:

(定型) 620,000円
(準定型/非定型) 3,000,000円

導入期間:1ヶ月~

テクニカルサポート 年間最大5インシデント

参考価格:


400,000円 ~/年

活用例:契約申込書受付システム

運転免許証OCRを活用し、契約申込業務の業務改善を実現

導入の背景

お客様サービスを向上させたい

  • 申し込み受付時のお客様待ち時間が長い(契約申込手続きは、面倒と思われがち)
  • それらの受付業務をスピードUPすることで、契約率を向上させたい

申込書の記載+入力作業に手間がかかる

  • 申込書を記載してもらい、申込書を見ながらシステムへ、データ入力を行うのは非効率
  • 運転免許証情報を自動で取り込みたい

導入イメージ

※DynaEye 運転免許証OCRの製品詳細については、「DynaEye 運転免許証OCR」をご参照下さい。

導入効果

窓口対応時間を半減

  • スキャニングにより、契約に必要となる本人確認証の画像と、OCRにより運転免許証から申込者の情報を一度に取得

体面接客でお客様サービスを向上

  • コピー業務がなくなったことに対面での受付業務を実現
  • お客様サービスを向上させたことで、契約率アップにも貢献

ご参考価格と導入期間

初期費用

スキャナ×30台 300,000円
ソフトウェア 1,000,000円
設計・導入サービス 1,000,000円

ランニング費用(年額)

ソフトウェアサポート 300,000円
テクニカルサポート 400,000円

導入期間:2ヶ月





ドキュメントキャプチャリングサービスに関するお問い合わせ