1. ホーム > 
  2. ソリューション&サービス > 
  3. サービスインテグレーション > 
  4. コラボレーション > 
  5. グループウェアマイグレーションサービス

グループウェアマイグレーションサービス

オンプレミスのIBM® Notes®/Domino®資産をクラウドへ移行し、メールの可用性、利便性向上とシステム運用負荷の軽減を実現します。

課題/解決


提供機能・サービス

オンプレミスのIBM Notes/Domino環境をハイブリッドクラウド環境に移行します。

導入効果

運用コスト軽減とサービス向上

  • システム運用・保守業務軽減によるコスト削減
    • 負荷の高い運用監視、不具合対応はクラウドサービスで対応。
    • メールサーバのバージョンアップ、ハードウェアリプレースは不要。
  • メールサービスの向上
    • 1ユーザあたり50GBまでメール容量拡張可能。
    • タスク管理、他システム連携など利便性強化。
    • スマートデバイスからの使い勝手向上。

ライセンスの前提条件

IBM Notes/Domino環境のクラウド移行にはIBM Mail Dual Entitlementサブスクリプションを推奨します。


IBM Mail Dual Entitlement とは
IBM Notes/Domino(オンプレミス)とIBM クラウドSaaSサービス(IBM Verse、IBM Connections Cloud)を組み合わせたサブスクリプションです。

  • システム運用・保守業務軽減によるコスト削減
    自社管理のDominoサーバは、サーバ台数、サーバ配置先(物理、仮想、クラウド)の制約無しに利用できます。
  • IBM クラウドSaaSサービス(IBM Verse、IBM Connections Cloud)を自社管理のDominoサーバとハイブリッドで利用できます。

※ 詳細は http://www-01.ibm.com/software/jp/cmp/notesdual/ をご参照ください。
※ IBM Notes/Dominoの継続メンテナンス(SS&S)を保有しているお客様にはIBMからクラウドへの移行オファリングが提供されます。


費用・期間

ライセンス
「IBM Mail Dual Entitlement Plus Applications」をご購入ください。


移行作業費用
700万円

<前提条件>

  • ユーザ数 :1,000ユーザ
  • サーバ台数:メール2台(IBM Dominoクラスタ)、アプリ2台(IBM Dominoクラスタ)
  • データ容量:メール1GB/ユーザ、アプリ1TB
  • 作業期間 :4ヶ月
※移行作業費用については、お客様ご要件により、個別にお見積もりいたします。



グループウェアマイグレーションサービスに関するお問い合わせ