1. ホーム > 
  2. ドキュメントソリューション > 
  3. ドキュメントソリューション for SharePoint > 
  4. 機能概要

機能概要

SharePointの標準機能を強化し、紙文書の電子化と活用を最適化します。KnowledgeLakeソフトウェアは、北米で1,000社以上の導入実績をもつソフトウェアです。

文書の検索

KnowledgeLake Imaging for SharePoint

SharePointのライブラリ機能を"業務システム"に拡張する機能を追加します。
スキャン登録機能、高度で柔軟な検索機能をはじめ、注釈・メモ、データベース連携によるインデックス化など、専用ビューワでSharePointの登録・検索・閲覧を大幅に強化します。

KnowledgeLakeImaging ロゴ

サーバ WFEライセンス + ユーザCAL 同時接続CAL

文書の検索

業務システムとの連携

KnowledgeLake Unify for SharePoint

既存の基幹システムや業務アプリケーションの画面上の項目をキーにして、ワンクリックで SharePoint から文書を取得します。
その際に、呼び出すシステム側のカスタマイズは不要です。他システム上のキーワードを元にした登録も可能です。

KnowledgeLake Unify ロゴ

クライアント 端末ライセンス

業務システムとの連携

紙文書の電子化

KnowledgeLake Capture for SharePoint

PFUのスキャナ「fiシリーズ」との連携により、紙文書のスキャン、インデクシングおよびSharePointのライブラリへの登録を実現します。
OCR・バーコード認識などで、入力業務を飛躍的に効率化します。また、既に電子化されたデータの一括登録も可能です。

KnowledgeLake Capture ロゴ

クライアント 端末ライセンス

紙文書の電子化

KnowledgeLake Connect for SharePoint

SharePointのライブラリへの登録・検索・閲覧を手軽に利用できるクライアントアプリケーションです。
スキャナ登録に加えて、Officeアドオンを使えば、Officeアプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、Outlook)から直接SharePointのライブラリへ登録することも可能です。

KnowledgeLake Connect ロゴ

クライアント 端末ライセンス

紙文書の電子化

プロフェッショナルサービス

多くのドキュメントソリューションシステム構築実績とノウハウを元に、お客様の利用目的・環境に最適化したドキュメントソリューションをご提供します。

設計サービス 文書情報管理士(※)の有資格者が、お客様の文書を分類・プロパティを含めて体系立てて管理できるように設計します。
導入サービス 構築済のSharePoint環境に対し、KnowledgeLake製品を利用するための設計、インストールおよび設定作業を行います。
利用者操作教育
サービス
KnowledgeLake社製品に関する一般利用者向けの操作教育を行います。
PFUのスキャナ(業務用イメージスキャナ「fiシリーズ」またはScanSnap)を同時に導入される場合は、スキャナの使用方法およびKnowledgeLake社製品との連携方法もあわせてご説明します。

※公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)の認定資格。