1. ホーム > 
  2. ドキュメントソリューション > 
  3. ドキュメントソリューション for SharePoint > 
  4. 特長

特長

SharePointにおける「文書活用」の課題

SharePointの標準機能のみで「文書活用」を行うには、文書の検索、業務システムとの連携、紙文書の電子化に課題があり、様々な業務要求に応えることができませんでした。 PFUの「ドキュメントソリューション for SharePoint®」は、SharePointのライブラリ機能を大幅に強化することで、これらの課題を解決します。


ドキュメントソリューション for SharePointが解決する課題

文書の検索

  • ・ピンポイントで文書を見つけることができない。
  • ・どこに文書を入れたかわからなくなった。
  • ・そもそも、どのような体系で管理すればよいかわからない。

高度なインデックス検索

KnowledgeLakeImaging ロゴ

業務システムとの連携

  • ・業務システムから文書へすぐにアクセスできない。
  • ・業務システムから文書を見るには、システムの改造が必要。

業務システムからの文書検索、閲覧、登録が思いのまま

KnowledgeLake Unify

紙文書の電子化

  • ・スキャナから直接SharePointへ紙文書を取込めない。
  • ・検索するためのインデックスを設定するのが大変。

紙文書の電子化を効率よく実現

KnowledgeLake Capture Connect

ソリューション構成

ドキュメントソリューション for SharePointは、豊富な文書管理ノウハウを持つPFUのプロフェッショナルサービスと、北米で1,000社以上の導入実績をもつKnowledgeLake社のソフトウェアをあわせて提供します。

ソリューション構成