1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. 楽²ライブラリシリーズ > 
  4. 楽²ライブラリ Document Manager

楽²ライブラリ Document Manager SDK (Software Development Kit)

販売終了製品

楽²ライブラリ Document Manager SDK を利用することで、生産管理や販売管理などの業務システムと楽²ライブラリ Document Manager を連携することができ、これまでの業務ルールを大きく変更することなく、スムーズに文書管理システムを構築できます。
また、楽²ライブラリ Document Manager SDK では、シングル・サインオン機能もご提供します。

機能概要

文書管理連携機能

文書(添付資料)の登録、文書情報の取得、検索、文書の移動/削除などが行えるクラスライブラリ(API)を提供します。

シングル・サインオン機能

楽²ライブラリ Document Manager へのログイン画面を表示せずに、業務システムの画面から、ダイレクトに文書管理画面を表示するためのインタフェースを提供します。

連携事例

楽²ライブラリ Document Manager SDKを使用することで、お客様の業務に合わせた最適な利用環境を構築できます。

事例1 :業務システムとの連携

たとえば、ワークフローシステムなどと連携させることにより、承認が完了した文書を楽²ライブラリ Document Managerで文書の登録、検索、操作、閲覧することが可能になります。これらの作業を業務システムから直接行え、今までの業務ルールを大きく変更せずに、文書管理をスムーズに運用開始することができます。

導入効果

  • 承認が完了した文書を印刷し、バインダなどに手作業でファイリングする手間を軽減。
  • 楽²ライブラリ Document Manager の多彩な検索機能により、文書の検索効率が飛躍的に向上。
  • 紙文書を扱うのと同じような操作性を実現。従来の業務の流れを変えずに導入が可能。
  • 紙文書の保管スペースと保管に要するコストを削減。

事例2 : ポータル画面との融合

楽²ライブラリ Document Manager の文書管理画面のURLに認証情報を付加し、シングル・サインオンを実現。楽²ライブラリ Document Manager で改めてログインし直すことなく、個人のポータル画面などからダイレクトに文書管理画面にアクセスすることができます。

導入効果

  • ポータル画面で1回ログインすれば、文書管理画面にもスムーズにアクセスできるため、利用者はパスワードをいくつも覚える必要がなく、作業がさらに効率化。
  • ユーザー管理を一元化することで、システム管理者の負担を軽減。

製品の提供について

※楽²ライブラリDocument Manager SDK は、楽²ライブラリDocument Manager V2.0L10 以降をサポートし、バージョン毎にSDK製品を用意しております。

提供条件

楽²ライブラリ Document Manager SDK サポートをご購入いただく必要があります(初回購入時は必須)。

入手方法

サポート契約登録時にご案内します。

詳細については、下記までお問合わせください。
   【楽²ライブラリ Document Manager お問い合わせ窓口】
         E-mail : raku2dm@pfu.fujitsu.com

サポート(有償)について

初回購入時は、サポート契約(有償)が必須となります。ただし、更新は任意です。

サポート名称 楽²ライブラリ Document Manager SDK サポート
サポート内容 メールによるお問い合わせ対応を行います。
(電話、Faxでのお問い合わせはお受けできません)
サポート期間 サポート登録日の翌日から3ヶ月後の月末
サポート開始日 新規の場合 : サポート登録を行った翌日
継続の場合 : 現在のサポート終了日の翌日
サポート継続案内 サポート期間が終了する1ヶ月前にメールでご案内します。
お問合せはこちら
製品に関するお問い合わせはこちらです。
お問い合わせ