1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. 楽²ライブラリシリーズ > 
  4. FAQ > 
  5. 楽²ライブラリ Smart > 
  6. FAQ

FAQ

 Q  対応しているスキャナの機種を教えてください。
 A 

連携するスキャナは、以下のとおりです。

お使いの際は、最新のサービスパックを適用してください。


  • パーソナルドキュメントスキャナ ScanSnapシリーズ(注1)
    (iX1500 / iX500 / iX100 / S1500 / S1300i / S1300 / S1100 / SV600)
  • TWAIN規格に対応した機器(他社製品を含む)

(注1) ScanSnapシリーズで「ScanSnap Home」をお使いの場合、以下の注意事項があります。

  1. ScanSnapシリーズと連携する場合は、プロファイルを「楽2ライブラリ Smartに保存」に切り替える必要があります。 プロファイルの設定方法、および切替え方法については、ScanSnap Homeのマニュアルを参照してください。
  2. Windows 10をお使いの場合、ビューア画面または連携トレイを最前面にしてスキャンしたときに、 これらの画面が最前面にならず、次のような画面が表示されることがあります。

    そのような場合は、取り込み先(ビューア/連携トレイ/バインダ選択)を選択してください。
  3. ScanSnap Homeでは、マーカーペンで印を付けた文字列をキーワードに設定する機能(マーカー・インデックス)を使って、 読み取ったデータを楽²ライブラリ Smart に取り込んで、文字列を抽出する機能はお使いいただけません。
  4. 楽²ライブラリSmartに取り込んだスキャンデータは、ScanSnap Homeでは閲覧することができません。
  5. SV600をお使いの場合、スキャン時に「本や雑誌などの見開き原稿を、歪みの補正をして保存します」を指定して 楽²ライブラリSmartに取り込むことができません。


    以下のエラーメッセージが表示されます。
    (連携トレイに取り込む場合)


    (連携トレイ以外に取り込む場合)

  6. ScanSnap Managerで本として取り込んだページを補正することはできません。

楽²ライブラリシリーズ

  • FAQ
管理番号: smart005