1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. 楽²ライブラリシリーズ > 
  4. FAQ > 
  5. 楽²ライブラリ パーソナル > 
  6. トラブルシューティング

トラブルシューティング

Q [送る] - [Googleドキュメント(TM)] および [送る] - [Salesforce Chatter] でログインエラーになります。
A

一部のクラウドサービスの認証方式の変更に伴い、これらの機能が利用できなくなる可能性があります。

  • Googleドキュメント™ (2017年4月20日以降)
  • Salesforce Chatter (2017年7月22日以降)

それぞれの操作を行うと、以下の動作になります。


  • [送る] - [Googleドキュメント(TM)]
    本操作を行うと、Google Drive ログイン画面が表示されず、以下の画面が表示されます。


  • [送る] - [Salesforce Chatter]
    本操作を行い、「送る - Salesforce Chatter - 設定」画面で正しいユーザ名、パスワード、セキュリティトークンを入力しても、認証エラーとなります。


つきましては、以下の方法にて同等の操作を行うことができます。

※あらかじめ、お使いのコンピューター上でGoogleドキュメント™またはSalesforce Chatterにログインできる環境(Webブラウザ等)が必要です。必要な環境につきましては各クラウド製品のWebサイト等を参照してください。


編集情報(付箋紙、マーカー等)を含まない原稿をそのまま送る場合

「エクスポート」「別名保存」機能を用いてPDFファイルを取り出し、クラウドに送ることができます。

※更新モード/閲覧モードいずれでも操作可能です。


バインダ全体を送る場合

  1. バインダ管理画面で、バインダの右クリックメニューから「エクスポート...」を選択します。

    ※バインダを開いて、ビューア画面から「別名保存」を選択する方法もあります。


  2. エクスポート画面が出ますので、ファイルを保存したいフォルダを選択して、ファイルの種類を「データファイル(*.pdf + *.ini + 電子ファイル)」にし、ファイル名に任意の名前を付けてバインダを保存します。


  3. 2.で「ファイル名」に指定したファイル(PDFファイル)をGoogleドキュメント™やSalesforce Chatterにアップロードします。

    ※アップロード手順につきましては、各クラウド製品のWebサイト等を参照してください。


バインダ内の1枚の原稿[表裏]を送る場合

  1. バインダを開き、送りたい原稿のページをビューア画面に表示します。

  2. 送りたいページ上で右クリックすると表示されるメニューから「印刷/メール/保存」-「名前を付けて保存(原稿)」を選択します。


    ※送りたい原稿が電子データ付きページの一部の場合には、以下のメッセージが表示されます。
    [OK]をクリックすると電子データは保存せず、画像データのみ保存されます。


    ※送りたい原稿が1ページまたは2ページの電子データ付きの場合は、以下のメッセージが表示されます。
    [はい]をクリックすると、電子データを含めて保存されます。
    [いいえ]をクリックすると電子データは保存せず、画像データのみ保存されます。


  3. 名前を付けて保存画面が出ますので、ファイルを保存したいフォルダを選択して、ファイルの種類を「データファイル(*.pdf + *.ini)」または「データファイル(*.pdf + *.ini + 電子ファイル)」にし、ファイル名に任意の名前を付けてバインダを保存します。


  4. 3.で「ファイル名」に指定したファイル(PDFファイル)をGoogleドキュメント™やSalesforce Chatterにアップロードします。

    ※アップロード手順につきましては、各クラウド製品のWebサイト等を参照してください。


バインダ内の複数枚の原稿[表裏]を送る場合

  1. バインダを開き、送りたい複数枚の原稿の先頭ページを開きます。

  2. ビューア画面の左下の「複数選択」ボタンをクリック、または、ページ上で右クリックし、メニューから[複数原稿指定]をクリックします。


  3. ページが緑色になります。


  4. 複数指定する原稿の最終ページまでページをめくり、最終ページで右クリックメニューを開いて、「名前を付けて保存(xx-xxページの原稿)」を選択します。


    ※選択したページが電子データ付きページの一部の場合には、以下のメッセージが表示されます。
    [OK]をクリックすると電子データは保存せず、画像データのみ保存されます。


    ※選択したページ内に電子データが含まれる場合は、以下のメッセージが表示されます。
    [はい]をクリックすると、電子データを含めて保存されます。
    [いいえ]をクリックすると電子データは保存せず、画像データのみ保存されます。


  5. 名前を付けて保存画面が出ますので、ファイルを保存したいフォルダを選択して、ファイルの種類を「データファイル(*.pdf + *.ini)」または「データファイル(*.pdf + *.ini + 電子ファイル)」にし、ファイル名に任意の名前を付けてバインダを保存します。


  6. 5.で「ファイル名」に指定したファイル(PDFファイル)をGoogleドキュメント™やSalesforce Chatterにアップロードします。

    ※アップロード手順につきましては、各クラウド製品のWebサイト等を参照してください。


編集情報(付箋紙、マーカー等)を画像として付加して送る場合

付箋紙やマーカーなどの編集情報を画像として付加したものを送る場合は、ページの印刷機能を用いて、ファイルに出力したものをクラウドに送ります。

※編集情報は画像形式となります。
※電子データを出力することはできません。
※更新モード/閲覧モードいずれでも操作可能です。
※ページ(PDF)を印刷するためのアプリケーション(Adobe® Readerなど)が必要です。


  1. バインダを開き、送りたい先頭ページを開きます。

  2. 「印刷」ボタン、または、右クリックメニューの「印刷/メール/保存」の「印刷」を選択します。


  3. 印刷画面が表示されます。「オプション」ボタンをクリックしてください。


  4. 印刷オプション設定画面が表示されます。「編集情報(付箋紙、マーカー、スタンプ等)を含める」にチェックを入れてください。

    ※白紙ページを出力したくない場合は、「白紙ページを印刷しない」にもチェックを入れてください。


  5. [OK]をクリックすると元の画面に戻ります。印刷したいページ範囲を「印刷範囲」で指定します。


ファイルに出力できるプリンター(Adobe AcrobatやMicrosoft Print to PDF等)が
インストールされている場合

  1. ファイルに出力できるプリンター(Adobe AcrobatやMicrosoft Print to PDF等)を選択して[OK]をクリックすると、指定した範囲のページが印刷され、ファイルに出力されます。出力したファイルをGoogleドキュメント™やSalesforce Chatterにアップロードします。

    ※アップロード手順につきましては、各クラウド製品のWebサイト等を参照してください。


ファイルに出力できるプリンター(Adobe AcrobatやMicrosoft Print to PDF等)が
インストールされていない場合

  1. プリンター名に「Raku2 ImageWriter」を指定して[OK]をクリックすると、「バインダの選択」画面が表示されますので、「作業デスク」を選択して[OK]をクリックします。


    ※以下の「楽2ライブラリ クライアントサーバ バインダ選択」画面が表示された場合は、Raku2 Imagewriterの出力先アプリケーションを「楽2ライブラリ パーソナル」に切り替えてから、再度印刷する必要があります。


    <Raku2 ImageWriterの出力先アプリケーションを「楽2ライブラリ パーソナル」に切り替える方法>

    1. [キャンセル]をクリックして「楽2ライブラリ クライアントサーバ バインダ選択」画面を閉じます。
    2. 「印刷」ボタン、または、右クリックメニューの「印刷/メール/保存」の「印刷」を選択します。
    3. プリンター名に「Raku2 ImageWriter」を選択して、[プロパティ]をクリックします。

    4. Raku2 ImageWriterの設定画面が開きます。「出力先アプリケーション」に「楽2ライブラリ パーソナル」を指定して[OK]をクリックします。


    ※「名前を付けて保存」画面が表示された場合は、そのまま任意の場所を指定してファイルを保存してください。この場合は、以下の手順7および手順8の操作は不要です。手順9へお進みください。


  2. 作業デスクに印刷したデータがサムネイル表示されていますので、該当のサムネイルを選択して、「操作」-「名前を付けて保存」または右クリックメニューから「名前を付けて保存」を選択します。


  3. 「名前を付けて保存」画面が表示されますので、任意の場所にファイル(PDF)を保存します。


  4. 保存したPDFファイルをGoogleドキュメント™やSalesforce Chatterにアップロードします。

    ※アップロード手順につきましては、各クラウド製品のWebサイト等を参照してください。


楽²ライブラリシリーズ

  • FAQ
管理番号: personal137