1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. 楽²ライブラリシリーズ > 
  4. FAQ > 
  5. 楽²ライブラリ パーソナル > 
  6. スキャナからの読み取り

データの取り込み(スキャナからの読み取り)

Q ScanSnapからの取り込みとTWAIN対応スキャナからの取り込みでは、楽²ライブラリ上での操作に違いがありますか?
A

以下のような違いがあります。



ScanSnapの場合

  1. ScanSnapに原稿をセットします。

  2. 読み込み先のバインダのページを表示します。

  3. ビューア画面が最前面に表示された状態で、ScanSnap の読み取りボタン(注1)を押します。

    読み取りが実行され、原稿がバインダに追加されます。


その他、ScanSnapからデータを取り込む方法については、「Q1.ScanSnapからデータを取り込む方法を教えてください。」をご確認ください。


また、楽²ライブラリと連携可能な機種は「バージョンごとの機能比較」ページでご確認ください。



(注1)ScanSnapの機種により、読み取りボタンの名称が以下のように異なります。

  • ScanSnap iX100、S1100
    → Scan/Stopボタン
  • ScanSnap SV600
    → Scanボタン
  • ScanSnap iX500、S1500、S1300i、S1300、fi-5110EOX、fi-5110EOX2、fi-5110EOX3
    → SCANボタン
  • ScanSnap S510、S500、S300
    → スキャンボタンまたはe-スキャンボタン
  • ScanSnap fi-4110EOX3、fi-4110EOX2
    → Duplex(両面読み取り)またはSimplex(片面読み取り)ボタン


TWAIN対応スキャナの場合

  1. スキャナに原稿をセットします。


  2. 読み込み先のバインダのページを表示します。


  3. ビューア画面の左側に表示される「スキャナ」をクリックし、紙文書を取り込みます。



詳細はビューア画面のヘルプ(画面右下の「ヘルプ」を選択)をご覧ください。



楽²ライブラリシリーズ

  • FAQ
管理番号: personal045