1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. 楽²ライブラリシリーズ > 
  4. FAQ > 
  5. 楽²ライブラリ クライアントサーバ > 
  6. サーバの移行方法

サーバの移行方法

Q サーバを移行する方法を教えてください。
A

事前に、お持ちの楽²ライブラリインストールCDのバージョンレベルが、新規サーバOSに対応しているかご確認ください。

楽²ライブラリ クライアントサーバ V5.0L42以前のV5.0インストールCDをお持ちの場合、Windows Server® 2012以降のOSにはインストールできません。

対象のお客様には最新のインストールプログラムを無償にて提供しております。こちらからお申し込みください

※なお、お申し込みいただけるのは、サポート登録がお済みの方のみとさせていただきます。
サポート登録についてはこちらをご覧ください

作業手順

  1. 新規サーバに、お持ちの楽²ライブラリインストールCDで、楽²ライブラリをインストールします。


  2. 新規サーバに、楽²ライブラリのアップデートパックを適用し、最新の環境にします。
    ※既に最新の環境の場合は、本作業は必要ありません。

  3. 旧サーバのデータ格納先フォルダ(DocumentRoot)を、フォルダごと全て新規サーバのデータ格納先フォルダに上書きコピーします。

    ※データ格納先フォルダの確認方法は、
    データ格納先フォルダの確認方法を教えてください」をご確認ください。


  4. 旧サーバのデータ格納先フォルダ (DocumentRoot) にある「User.ini」ファイルを、新規サーバのデータ格納先フォルダ (DocumentRoot) に上書きコピーします。

    ※楽²ライブラリを新規インストールした状態でのデータ格納先フォルダ (DocumentRoot) はデフォルトで以下です。

    • 32bitOSの場合
      C:\Program Files\PFU\Raku2ENT\DocumentRoot
    • 64bitOSの場合
      C:\Program Files (x86)\PFU\Raku2ENT\DocumentRoot

  5. 楽²ライブラリのインストールフォルダにある「Raku2lib.ini」ファイルを新規サーバの「Raku2lib.ini」ファイルに上書きします。

    ※楽²ライブラリのインストールフォルダはデフォルトで以下です。

    • 32bitOSの場合
      C:\Program Files\PFU\Raku2ENT
    • 64bitOSの場合
      C:\Program Files (x86)\PFU\Raku2ENT

  6. 新規サーバで、「楽2ライブラリ クライアントサーバ」の[環境設定]を開きます。
    [スタート]メニューから[すべてのプログラム]-[楽2ライブラリ クライアントサーバ]-[環境設定]を選択します。

    ※Windows Server® 2012 および Windows Server® 2012 R2 の場合は、アプリ一覧から[楽2ライブラリ クライアントサーバ]-[環境設定]を選択します。


  7. 環境設定画面が表示されますので、「一般」タブを選択し、「データ格納先フォルダ」の情報が正しいことを確認してから、[権限設定]をクリックします。

    ※データが多い場合には権限設定に時間がかかります。設定が完了するまでしばらくお待ちください。


  8. 以下のメッセージが表示されたら、[OK]をクリックしてメッセージを閉じた後、環境設定画面を[OK]ボタンで閉じます。


  9. 旧サーバが最新の環境でない場合には、お使いのすべてクライアントマシンについて、新規サーバの楽²ライブラリに接続し、楽²ビューアを上書きインストールします。


  10. 「連携ソフトウェア」をご利用いただいている場合、「連携ソフトウェア」の設定内容を移行します。

    移行方法はこちらをご覧ください


楽²ライブラリシリーズ

  • FAQ
管理番号: client0041