1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. 楽²ライブラリシリーズ > 
  4. 楽²ライブラリ クライアントサーバ > 
  5. ダウンロード

楽²ライブラリ (クライアントサーバ版)V3.0 アップデートパック2

楽²ライブラリ (クライアントサーバ版)V3.0L10およびV3.0L10A(以下、楽²ライブラリ)で発生した不都合内容を修正するためのアップデートパックです。

対象となる製品/版数

  • 楽²ライブラリ(クライアントサーバ版)V3.0L10
  • 楽²ライブラリ(クライアントサーバ版)V3.0L10A

修正内容

V3.0L10B は、V3.0L10 or V3.0L10A にアップデートパック2を適用したものと同等です。
以下に、主な変更内容を記載します。

PDFファイル取込関連

  • 特定のPDFファイル(条件:作成者情報なし、回転、移動、拡大、縮小情報が組み合わされたPDF)をバインダにファイル取込すると、ページ全体が白く表示されてしまうことがある不都合を修正。
  • 特定のPDFファイルをファイル取込すると、半角英数字文字の表示が重なって表示されてしまうことがある不都合を修正。

楽²ビューア関連

  • ビューアの[環境設定]-[入力設定]の設定項目[スキャナ読み取り時のドライバ画面表示]の設定を変更した場合、[元ファイル(変換前の電子ファイル)も取り込む]設定が外れる不都合を修正。
  • A3/B4サイズの電子ファイルを2つ以上選択してビューアにドラッグ&ドロップすると、正しい順序で原稿が取り込まれないケースがある不都合を修正。
    (ビューアの環境設定で、「取り込み時にA3/B4サイズを2分割にする」、「インデックス挿入なし」、「元ファイル(変換前の電子ファイル)も取り込む指定なし」の環境の場合)
  • ビューアでバインダを更新/終了する際、データ格納先フォルダが存在するサーバのドライブ空き容量が不足していると、エラーメッセージが表示され、その後ビューアをキャンセル/終了すると、次回以降更新モードにて更新できなくなる不都合を修正。

その他

  • バインダの更新(保存)において、サーバ上での処理が1分以上の時間を要する場合に、データが消失することがある不都合を修正。
  • (注意) 今回の不都合については、楽²ライブラリV1.0およびV2.0においても一部該当しております。
    楽²ライブラリV1.0およびV2.0に対するアップデートパックも提供予定でございますが、提供時期については後報いたします。

適用時の注意事項

  • 本アップデートパックは楽²ライブラリが動作するWEBサーバ上で実行するようにしてください。
  • インストールを実行すると、WEBサーバの再起動が必要になります。
  • 本アップデートパックでは、楽²ライブラリのサーバアプリケーションにのみ適用されます。
    適用後、楽²ビューアがインストールされているすべてのクライアントマシンにて、楽²ビューアの再インストールを実行してください。

適用方法

対象バージョンの確認 (サーバマシン上で実施ください)

※現在ご利用中の楽²ライブラリがアップデートパック1適用対象バージョンであるかをご確認ください。

  1. [スタート]-[プログラム]-[楽²ライブラリ(イントラネット版)]-[お読みください]を開き、"楽²ライブラリ V3.0L10"と記載されていることを確認します。

楽²ライブラリサーバアプリケーションの適用(サーバマシン上で実施ください)

※アップデートパック1適用中、サーバマシンの再起動が必要となります。

  1. “Raku2Ent30UP1.exe”をダウンロードし、楽²ライブラリが動作するWEBサーバに保存します。
    ※ファイルサイズが大きいので、必ずダウンロードしてから実行してください。
  2. ダウンロードしたexeファイルを実行し、画面の指示に従ってインストールを完了します。
  3. インストール完了後、サーバマシンを再起動してください。
    ※修正情報を正しく更新するために、必ず実行ください。
  4. [スタート]-[プログラム]-[楽²ライブラリ(イントラネット版)]-[お読みください]を開き、"楽²ライブラリ V3.0L10A"と記載されていることを確認します。

楽² ライブラリ (クライアントサーバ版) V3.0用 アップデートパック2

【ダウンロード】Raku2Ent30UP2.exe (16.6MB)

楽²ビューアの適用 (クライアントマシン上で実施ください)

※楽²ビューアの適用中、コンピュータの再起動が必要となります。

※楽²ビューアがインストールされている全クライアントマシンにてインストールを実施し、全ての楽²ビューアバージョンを統一してください。

  1. [コントロールパネル]を開き、[アプリケーションの追加と削除]から「楽²ビューア」をアンインストールします。
  2. コンピュータを再起動します。
  3. インターネットエクスプローラを起動し、楽²ライブラリのTOP画面を表示します。
  4. 楽²ライブラリTOP画面から[インストール]をクリックし、"Raku2.exe"のダウンロード後、インストールを実行します。
  5. インストール完了後、任意のバインダを開き、[環境設定]から[バージョン情報]タブを開き、"楽²ビューア V3.0L31B"と表示されていることを確認します。

以上で楽²ライブラリ(クライアントサーバ版)V3.0 アップデートパック2の適用は終了です。

楽²ライブラリV3.0ご使用時の留意事項

※アップデートパック1および2では、仮想プリンタドライバ(Raku2 ImageWriter)の「印刷設定」内にある「イメージPDF」設定の初期値を"オン"に切り替えております。
本設定で運用いただくことを推奨いたします。

以前の初期値「イメージPDF:オフ」の時に比べ、バインダデータのファイルサイズが大きくなったり、テキスト抽出の精度が劣る場合があります。ご了承ください。

なお、「イメージPDF:オフ」に変更した環境で、電子ファイル(doc,xls,ppt等)を取り込んだ場合、以下の現象が発生することがあります。ご注意ください。

  • 文字データの位置やサイズ、背景色が元データと異なる場合があります。
  • データ内に白線が入る場合があります。
  • 見開き表示や1ページ表示時に、一部の線が表示されない場合があります。