1. ホーム > 
  2. こだわりの品質

特長は『こだわりの品質』です

ITメーカーのマニュアル制作部門として、ユーザーと製品の懸け橋となるマニュアルを作り続けて30年。


  • お客様の課題と真摯に向き合い、ニーズを的確に捉え、ユーザーに役立つ成果物を作りあげます。
  • 「愚直で」「真摯に」「真面目に」一つ一つの仕事をしっかり進め、確かなもの作りにこだわります。
  • コストパフォーマンスに優れたマニュアル制作を実行します。
  • お客様と約束した期日を守ります。



1  高いスキルを持つプロフェッショナル集団

長年の経験と実績で培ったノウハウや技術を結集させた人材育成プランにより、お客様の課題と真摯に向き合い、お客様に満足いただける解決策を提案できる、マニュアル制作のプロフェッショナルを育成しています。

分野別専門研修

社内の第一人者を講師とした特定技術分野の勉強会
年間5~10テーマを企画・開催

外部講師セミナー

社外の有識者を講師として定期的に招聘し先端技術などの講演会を開催

資格取得推進

対象資格と奨励金を設定し資格取得を促進
テクニカルコミュニケーション技術検定:58人、国際TC検定:2人、DTP検定:8人など  [2019年11月時点]

業界活動への参画

マニュアル関連業界が主催する活動に委員として参画・他社との交流による最新情報の習得、気づき獲得

  • テクニカルコミュニケーター協会
  • DITAコンソーシアムジャパン

その他、新入社員へのテクニカルコミュニケーション基礎研修をはじめ、品質マネジメント教育、社内横断の情報共有会などにより、マニュアル制作のプロフェッショナル集団として、 常に技術向上を追求しています。


2  徹底した品質マネジメント

一つ一つの工程において、常に正確な仕事、高い品質にこだわり、各種チェックリストや管理ドキュメントなどの厳格な品質基準のもと、全工程を通して徹底した品質管理を行います。


上流工程での最適企画

当社の充実した教育制度によりプロフェッショナル認定された開発者が、製品や利用者、マニュアルに求められる要求事項などをしっかりと分析し、ユーザーに役立つマニュアルを企画提案します。

厳格な品質管理

基本品質とユーザー視点での品質を確保するために、各制作工程でおさえるべきポイントを明確に定義し、確実に実践します。
さらに第三者評価によるチェック体制で高い品質を確保します。

  • 表記ルールへの準拠

    ツールを使って効率的かつ確実にチェックを実施

  • 正確さ

    仕様書をとことん読み込み、不明点は技術者に徹底して確認

  • 法令遵守

    最新の法令を常にウォッチ(PL法、IEC82079、GB規格など)

  • わかりやすさ・探しやすさ

    当社独自の評価フレームで第三者の視点でわかりやすさ・探しやすさを評価

  • 翻訳のしやすさ

    多言語展開する場合、英訳しやすい日本語のルールやポイントに則りチェックしてから翻訳へ

継続的なPDCA活動

定期的なふりかえり会を通じて、さまざまな事象や課題を分析および検証し、次に改善していく内容を全員で考え、お客様により満足していただける価値あるサービスの提供につなげます。


3  最適な開発インフラ

データの移行から、マニュアル制作、多言語翻訳までの一連の作業を統合的に管理し、マニュアルの品質向上はもちろん、制作コスト面においても最適な開発環境を構築します。

豊富な経験で培った最適ツールでの制作

これまでの豊富な経験をもとに、目的に合わせてFrameMaker、InDesign、HTML、MS-Word、DITA、MadCap Flareなど、最適なツールで制作します。さらに、製品の早期理解につながる動画を組み合わせたマニュアル制作の経験も豊富です。

マニュアル専門のソフトウェア開発チーム

ITメーカーとしての高い技術力を持ったマニュアル専門のソフトウェア開発チームが存在します。マニュアル開発者とタッグを組み、マニュアルの確かな品質、効率の良い制作を実現するために最適なツールや制作環境を整備します。

DITAによる独自のマニュアル制作システム

日本語制作から査読依頼、組版処理、翻訳(多国語対応)までの一連の処理をワークフロー化し、これら工程間のデータ連携をシームレスに行う統合インフラを構築しています。
これにより、全体最適視点での品質確保のほか、作業のムダな重複やモレのない効率的な開発を実現します。



  • Adobe、FrameMakerおよびInDesignは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。ここでは、FrameMaker®を「FrameMaker」と省略して記載しています。
  • その他の会社名、製品名などは、各社の商標または登録商標です。

マニュアル制作に関するお問い合わせ・ご相談