1. ホーム > 
  2. サービス > 
  3. DITAサービス

DITAサービス

弊社はDITAコンソーシアムジャパンに参加し、DITA普及活動やDITAに対応したサービスの提供を行っています。

DITAサービスにより、お客様のドキュメント制作・翻訳の、効率と品質の向上を同時に実現します。

海外の各社メーカーがDITAを採用しており、膨大な情報を効率よく制作・出力するために活用しています。また、国内メーカーでもDITA導入の企業が増加しています。

DITAとは?

DITA(Darwin Information Typing Architecture)は、OASIS(注1)が策定したXMLベースの国際標準の規格です。 技術情報の制作・発行・配布を目的としたXMLベースのアーキテクチャーで、ドキュメントを再利用可能なコンポーネントとして表現するための標準仕様です。


(注1):OASIS(構造化情報標準促進協会)は、グローバルな情報社会のオープン標準を開発、統合および採用を推進する非営利国際コンソーシアムです。


5分でDITAの概要とメリットを紹介する動画「DITAをご存知ですか」

この動画はDITAコンソーシアムジャパンが制作したものです。
弊社は、執筆および動画制作に協力しました。

DITA導入メリット

DITAを導入することにより、次のようなメリットが生まれます。

導入メリット 詳細
大規模プロジェクトでのドキュメント制作の効率化 DITAの特長である共通化を活用して、全体のドキュメント制作量を削減し、制作効率を向上できます。

次のケースでも効率よく複数種のマニュアルを制作できます。
  • エントリーモデルから上位モデルまで展開し、機能が少し違う場合
  • 機能は同じでも、国内版と海外版で対象ユーザーが異なる場合
  • OEM展開のため、同じ製品だが製品名称や機能名が異なる場合
ワンソース・マルチユース・マルチデバイスの実現 ワンソースから、媒体や表示デバイスに適した形式で出力内容を切り替えられます。

  • 1つのデータからPDF/HTML/XMLなどへの出力が可能
  • タブレット/スマートフォンなどの最新のデバイスでの表示にも対応でき、ユーザーニーズにすばやく応えることが可能
日本語から多言語ドキュメント制作でのコストダウンの実現 制作から翻訳までのコスト削減および制作期間短縮を実現できます。

  • レイアウト編集の自動化が可能
  • 仕様変更のたびにドキュメントに修正が発生しても、短時間で対応可能

こんなマニュアルがDITAの効果を発揮

コマンドリファレンスマニュアル

CUIコマンドの詳細や機能を説明するマニュアルの制作に適用。
既存のマニュアルのデータ(Wordなど)からDITAへ移植。
コマンド単位でトピックを分割することで、ファイルのハンドリング性を高め、複数人同時の編集が可能になり制作効率が向上。

ヘルプ

ユーザー権限別にログインするソフトウェア製品のヘルプの制作に適用。
システムにログインするユーザーごとに、ヘルプの表示範囲を変更したいというニーズに対して、ログインユーザーごとにマップを作成し、共通記事はトピックを再利用することで、効率よく制作。

操作マニュアル

ネットワーク関連のソフトウェア製品の操作マニュアルの制作に適用。
スタイルシートやマップの組合せにより出力内容を変えることで、以下の計8種類のマニュアルをワンソースで実現。

  • 仕向け先別(A社用とB社用)
  • 提供媒体別(PDF形式とHTML形式)
  • ログインユーザー別(システム管理者用とグループ管理者用)
  • 記載範囲別(フルセット版と簡易版)

主な導入実績

執筆・翻訳作業の効率化を実現

効率化のポイント 効果 適用マニュアル

重複記事を共有化

  • OS間の共通記事
  • オプション間の共通記事
  • 利用者間の共通記事
  • マニュアル形態間の共通記事
  • 出荷時期間の共通記事 など
  • 執筆量を20~35%削減
  • 再利用率を最大90%実現
  • 翻訳作業効率を20~50%向上
  • 全体の制作効率を20~40%向上

[ユーザーズガイド]

  • イメージスキャナ
  • ストレージ
  • セキュリティ など

[ヘルプ]

  • マネジメント支援 など

編集作業の効率化を実現

効率化のポイント 効果 適用マニュアル

Word形式から移行し、自動組版を適用

編集効率を20~30%向上

[リファレンスマニュアル]

  • ネットワーク

[保守マニュアル]

  • サービス端末 など

制作環境の老朽化対応

効率化のポイント 効果 適用マニュアル

SGML制作環境からの移行

PDF制作効率を90%向上

[リファレンスマニュアル]

  • ミドルウェア
  • ネットワーク

[仕様説明書]

  • ミドルウェア

DITAの導入事例

DITAスモールスタートのすすめ

DITAの導入にはスモールスタートでの取り組みをおすすめします。

弊社では汎用のテキストエディタや表計算ソフトなど、通常の業務で使用している汎用製品やオープンソースソフトウェアを活用することでDITAを導入し、効果を出しています。このようにスモールスタートでDITAに取り組み、その後、必要に応じてDITA専用の商品購入を検討する、という進め方をおすすめします。


DITA SmallStart

DITAサービス

弊社は、DITAを導入して、わかりやすい日本語を書くテクニカルコミュニケーション(TC)技術と産業翻訳技術を活用し、世界標準のデータ形式のコンテンツを制作します。

コンサルティング

DITAの実績を積んだエンジニアが診断から移行までを支援します。

  • 現状分析と査定(現状のコンテンツ分析と、DITA導入の適・不適の診断)
  • DITA導入のご提案(制作環境)
  • 教育(DITA概論、Map設計、トピックライティングなど)
  • 既存の文書資産のDITAへの移行

ライティング

TC技術を持ったライターが情報設計からライティングまでを行い、わかりやすいコンテンツを制作します。

  • 情報設計(整理・配置)
  • トピックライティング
  • イラスト作成
  • 編集/出力(ご希望のデータ形式で出力)

多言語翻訳

DITAの特長である部品化、共通化を活かして、お客様製品の世界同時リリースを実現します。

  • 複数言語の翻訳を並行化、スピードアップ
  • 各言語のPDFやHTMLを出力

DITAサービスのプロセス

お客様のご要望を明確化して、DITA適用方法などをご提案し、お客様の負担を軽減しながら企画からデータ生成まで一貫して承ります。



DITAスターターサービス

「DITAスターターサービス」とは、マニュアル制作にDITA適用を検討しているお客様に対して、スモールスタートの考えに基づき、低コスト/短期間で導入を支援するサービスです。



ドキュメントソリューション「FlexTC+」

「FlexTC+」は、DITAコンテンツから利用者のニーズにマッチしたドキュメントをリアルタイムに構成・提供するソフトウェアを装備しています。
同ソフトウェアをベースに、マニュアルに更なる付加価値を与え、お客様の業務効率化を図るソリューションを提供します。

さらに、ライティング・多言語翻訳サービスと併用することで、一貫したサービスを提供することが可能です。



マニュアル制作に関するお問い合わせ・ご相談