1. ホーム > 
  2. イベント・セミナー > 
  3. セミナー

セミナー終了

「時代の変化を見据えたマニュアル制作イノベーション」は終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

最新のセミナー情報はこちらです



オンラインセミナー
時代の変化を見据えたマニュアル制作イノベーション(2021年2月25日木曜日 13時~14時)

時代の変化を見据えたマニュアル制作イノベーションン

このようなことでお困りではありませんか?

マニュアルを制作されている、あなたの部署では、次のような状況になっていないでしょうか?

製品の多様化・提供サイクルのスピード化に、マニュアル制作が追い付いていない

制作手法・制作環境を見直したいが、自社のマニュアル制作に最適な手法や制作環境がわからない

マニュアル制作の中心メンバーとして活躍している団塊世代のリタイヤが、今後控えていて不安だ

多くの企業が同様の課題を抱えています。背景のひとつに、ノウハウやプロセスの属人化が挙げられます。
こうした状況を課題として認識していながらも、どのように解決すべきかを悩み、そして模索している責任者の方が多いのではないでしょうか?

マニュアル制作の責任者として何をすべきか?

これまでのマニュアル制作のやり方・手法・制作環境が、今後もベストプラクティスであるとは限りません。 5年先、10年先もマニュアル制作業務を継続させるためには、既存の価値観や枠組みを根底から見直すような革新的な改革、つまり、DX(Digital Transformation)が必要です。
当セミナーでは、マニュアル制作におけるDXという観点から、マニュアル制作の責任者のあなたが、今すべきことについて、弊社の実績を踏まえてご説明します。

♦本セミナーは、2020年7月から開催している「時代の変化を見据えたマニュアル制作イノベーション」と同様の内容になります。

セミナープログラム(概要)

  1. マニュアルを取り巻く現状と環境の変化
    マニュアル制作の環境が急速に変化する中、競争力を維持・強化していくために必要なことについて説明します。
  2. マニュアル制作の改革
    従来の制作手法やプロセス、環境を仕分けし、業務を抜本的に革新していくことの必要性について説明します。
  3. マニュアル制作の改革が進まない理由
    改革推進のネックになっている背景・理由について説明します。
  4. マニュアル制作のプロセス改善
    具体的にどのように改革を進めていくべきかについて、「プロセス」「制作手法」「データ活用」の3つの観点で、実績を踏まえて説明します。

講師

講師

PFUテクニカルコミュニケーションズ株式会社
ビジネス企画・推進部
部長 吉田 茂

  • テクニカルライティング、マニュアル体系設計・企画設計30年
  • 一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会 評議員

開催情報

日程 2021年2月25日(木曜日)13時~14時
参加対象 当オンラインセミナーは、マニュアル制作の責任者の方を対象とした内容になっています。

♦同業他社さまのご参加はご遠慮いただいております。

参加費用 無料(事前のお申し込みが必要です)
定員 50名

♦申込み締切日は、2021年2月24日(水曜日)17時です。
♦定員になり次第、締切となります。

お願い
  • 録音・録画・撮影を禁止しております。資料については、アンケート回答後、送付させていただきます。
  • 資料は、複製物を有償・無償を問わず第三者に配布することも禁止しております。
視聴環境 お申し込み後に、視聴環境のチェック方法をご案内します。