1. ホーム > 
  2. 事例 > 
  3. 日本語表現の改善による英語品質の向上

日本語表現の改善による英語品質の向上

効率化 品質向上 わかりやすさ

読みにくく誤解されやすい日本語は、英語品質に影響します。当社では、冗長、あいまい、および表現の不統一を排除するシンプリファイド・テクニカル・ジャパニーズ(STJ)を適用。さらに、英語担当者が集約した日本語の改善ポイントを共有して、日本語表現を改善し英語品質の向上を図っています。

課題

実現

特長

STJの適用

STJの適用によって、シンプルで誤解のない短文化された日本語原典となり、わかりやすさと翻訳しやすさを両立。

翻訳を意識した改善ポイントの蓄積

英語担当者が翻訳しづらかった事例を集約し、改善ポイントを日本語担当者と共有することで日本語の表現を改善。

効果

日本語と英語の両方の品質を向上

翻訳を意識して、わかりやすく誤解のない日本語表現への改善を徹底することで、誤訳がなくなり、英語の品質が向上。同時に日本語の品質も向上。

日本語品質向上によるスムーズな翻訳

日本語の内容に関する問い合わせや、誤解による再翻訳が頻発するのを防止し、スムーズな翻訳を実現。

提供サービス


マニュアル制作に関するお問い合わせ・ご相談