1. ホーム > 
  2. 実績/事例 > 
  3. 事例 > 
  4. Wordによるマニュアルの標準化/マルチユース対応

Wordによるマニュアルの標準化/マルチユース対応

品質向上 使いやすさ

社内で制作・利用しているマニュアルについて、これまで使っていたWordのテンプレートを標準化し、マニュアルに統一感を持たせました。 また、DITA技術を適用し、1つのWord文書から従来のPDF形式に加えHTML形式のマニュアルも提供可能とすることで、利便性を向上させました。

課題

実現

特長

共通テンプレートによる標準化

既存マニュアルの分析結果から、基本の構成および書式を規定し、テンプレート化。

使い慣れた制作ツールを継続利用

制作者は従来の使い慣れたWordを継続利用でき、DITAの教育コストが不要。

ワンソース・マルチユース

DITAの仕組みを応用し、1つのWord文書からPDF/HTMLマニュアルを生成。

効果

マニュアル品質の確保

同一シリーズのマニュアル間で構成と見映えが統一され、品質が向上。

ユーザーへのサービス向上

マニュアルを複数の形式で提供することで、印刷、Web閲覧など多くの利用シーンに対応。

情報アクセスの効率化

HTML形式での提供を行うことで、必要な情報を取得するまでの時間を短縮。


  • Wordは米国Microsoft Corporationの製品です。ここでは、Microsoft® Wordを「Word」と省略して記載しています。

マニュアル制作に関するお問い合わせ・ご相談