1. ホーム > 
  2. 実績/事例 > 
  3. 事例 > 
  4. ユーザーの「声」を反映した継続的なマニュアル改善

ユーザーの「声」を反映した継続的なマニュアル改善

プロセス改善 品質向上 わかりやすさ

PDCAサイクル(ユーザーの質問/要望の分析・課題の発見、課題の改善、改善結果の確認)を回し、継続的にマニュアルを改善しています。Webマニュアルでは、ユーザーのアクセス情報を収集/分析して、分析結果をマニュアルの改善に活かしています。

課題

実現

特長

定期的な情報分析と検討

サポートセンターへの問い合わせ情報からつまずくポイントを分析し、改善すべき課題を定期的に検討。

ユーザーアクセス情報の収集と分析

アクセス情報を収集し、マニュアルの使われ方を分析。

PDCAサイクルを採用

情報の分析・課題の発見、課題の改善、改善結果の確認(つまずきが解消されたか)というPDCAサイクル。

効果

情報の分析・課題の発見

ユーザーの「声」を分析し、つまずきの要因を発見することで、PDCAサイクルの起点を見つけられる。

継続的なマニュアルの改善

PDCAサイクルの繰り返しによって、継続的にマニュアルを改善。

ユーザー満足度の向上

ユーザーのつまずきに直結した課題が改善されるため、製品への不満が減少し、ブランドイメージが向上。


マニュアル制作に関するお問い合わせ・ご相談