1. ホーム > 
  2. 実績/事例 > 
  3. 事例 > 
  4. Adobe FrameMakerでのDITA制作環境を改善

Adobe FrameMakerでのDITA制作環境を改善

効率化 品質向上

従来の構造化FrameMakerを使用した編集/出力環境に対して、DITA Open Toolkitによる出力自動化の仕組みを構築することで、これまでの編集環境を維持したまま、出力の動作を安定させ、時間も大幅に短縮することができました。

課題

実現

特長

コンテンツ制作はFMのまま

DITA Open Toolkit と整合性のある構造化FM環境で、従来の制作環境を維持。

表紙や目次を自動生成

PDF作成用に目次や表紙を別途作成する手作業が不要に。

PDF変換の高速化と安定化

DITA Open Toolkit の採用により、PDF出力の時間短縮と安定化を実現。

効果

全体工数の大幅削減

コンテンツ制作完了からPDF生成までの工数を大幅に削減。変換処理も安定し、時間も10分の1に短縮。

出力物の一貫性の確保

スタイルシートの適用によりPDF出力が自動化され、レイアウトの一貫性を確保。


  • AdobeおよびAdobe FrameMakerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。ここでは、FrameMaker®を「FrameMaker」または「FM」と省略して記載しています。

マニュアル制作に関するお問い合わせ・ご相談