1. ホーム > 
  2. 実績/事例 > 
  3. 事例 > 
  4. DITAによる効率化とTC技術による品質向上の両立

DITAによる効率化とTC技術による品質向上の両立

効率化 品質向上

内容が類似している複数のマニュアルを個別に制作しているため、効率が悪く、また開発者が執筆を兼務しているため、品質面での課題もありました。
これに対し、DITAの適用によるコンテンツの最適化と当社のテクニカルライターによるリライトを実施し、制作効率化と品質向上を同時に実現しました。

課題

実現

特長

DITA化による情報の共通化とデザインの統一

WordからDITAへの移行を行い、類似情報を共通化し、スタイルシートによりデザインを統一。

リライトによる文章改善

テクニカルライターによるリライトで文章を読みやすくし、スタイルガイドで表現を統一。

効果

DITAの特性を活かした制作効率化

多くのトピックを共通化(本事例では77%の共有率)し、 マニュアル制作効率が大幅に向上。

マニュアル全体の品質を向上

読みやすい文章、表現やデザインの統一により、マニュアル全体の品質が向上。


  • Wordは米国Microsoft Corporationの製品です。ここでは、Microsoft® Wordを「Word」と省略して記載しています。

マニュアル制作に関するお問い合わせ・ご相談