1. ホーム > 
  2. 実績/事例 > 
  3. 事例 > 
  4. 過去のマニュアル資産を有効活用

過去のマニュアル資産を有効活用

効率化

古いマニュアル資産も効率よく移植
マニュアル制作においては、改版タイミングによって、当時の制作環境が再現できないケースもあります。当社は、過去のマニュアルコンテンツを、構造関係を維持したままで移植するとともに、情報の部品化を図ることで、移植工数と制作工数を削減し、効率化を実現しました。

課題

実現

特長

HTMLからDITAへの移植を効率的に

制作環境のバージョンの差異によりネイティブデータが使用できない場合でも、階層構造が確認できるデータ(HTMLや紙媒体等)があれば、当社のツールにより効率的な移植が可能。

使い慣れた汎用アプリの活用

変換ツールのベースとなるアプリとして、使い慣れたWordを使用することで、変換前に、ある程度の編集(表の作成、スタイル設定、リンクの貼り直し等)が可能となり、変換後の調整が不要。

効果

移植の効率化(変換ツールの効果)

HTMLの階層構造を、Wordのスタイルで忠実に再現。また、DITA(XML)では操作が煩雑になりがちな表を、ある程度Word上で事前編集。以降はツールで効率変換。

制作・編集の効率化(DITA化の効果)

DITA化により、「管理者編」と「利用者編」に共通な記事を部品化し、双方のマニュアルで再利用することで、制作効率および編集効率の向上を実現。


  • Wordは米国Microsoft Corporationの製品です。ここでは、Microsoft® Wordを「Word」と省略して記載しています。

マニュアル制作に関するお問い合わせ・ご相談