1. ホーム > 
  2. イベント・セミナー > 
  3. セミナー

セミナー終了

6月14日開催のセミナー「マニュアル制作改革は難しくない」は終了しました。多数のご参加ありがとうございました。



マニュアル制作改革は難しくない
~選ばれるDITAの魅力をお伝えします~

SDLジャパン株式会社、PFUテクニカルコミュニケーションズ株式会社 共催セミナー


この度、DITA系のCMSシェアで日本を含め世界をリードするSDLジャパンと、マニュアル制作・テクニカルライティング、XML・DITA等の先進技術エキスパートであるPFUテクニカルコミュニケーションズとの共催により、マニュアル制作の効率化と品質向上をテーマにセミナーを開催させていただきます。

企業はいまデジタル変革を推進する状況に直面しており、マニュアル制作においても、多様なデバイスによる利用環境の変化において技術改革が進みつつあります。本セミナーでは、国内外の現状と課題や今後の展開、DITAの活用によるマニュアル制作の改革法を事例を交えてわかりやすくご紹介いたします。


アジェンダ

13時~13時5分
(5分)

オープニング

13時5分~13時25分
(20分)

国内のマニュアル制作事情

PFUテクニカルコミュニケーションズ株式会社 竹森昭一


近年、マニュアル制作を取り巻く環境が急激に変化しています。 生産性や付加価値の向上が謳われる中、従来のDTPを使用したマニュアルの制作方式ではこうした変化に十分に対応できなくなっています。 欧米を中心とした海外では、ドキュメントを部品化し制作する、といった工業製品の手法を取り入れ、生産性を高めています。 本セッションでは、国内のマニュアル制作の現状と課題から今後の取り組むべき方向性について説明します。

13時25分~13時45分
(20分)

海外のマニュアル制作事情

SDLジャパン株式会社 青木淳平 様


昨今のマニュアル制作のトレンドについて、グローバルな観点から説明します。 中国を含めて、北米やヨーロッパ等の状況について得られた情報をお伝えします。

13時45分~13時55分
(10分)

休憩

13時55分~14時55分
(60分)

構造化ドキュメントによるマニュアル改革
~DITAを活用した導入事例~

PFUテクニカルコミュニケーションズ株式会社 佐藤千秋


マニュアルを先頭から逐次的に読む形態から、情報を拾い読み的に入手する行動が増えてきています。こうした変化に適切に対応するには、読み進める順序に関係なく、そのまとまりだけで目的が達成できるように情報を設計する必要があります。これを実現する手法として「構造化」や「トピック指向」が有効とされています。 本セッションでは、構造化やトピック指向の解説とともに、トピック指向を実現するDITAをマニュアル制作に活用した事例について説明します。

14時55分~15時5分
(10分)

休憩

15時5分~16時5分
(60分)

CMS入門!
~DITAプロジェクト成功へのベストプラクティス~

SDLジャパン株式会社 青木淳平 様


DITAプロジェクトにはうまくいかないケースもあります。それには何が起因しているのでしょうか。 このセッションでは、実例を紹介しながら、DITA CMSに求められる要素やプロジェクトを成功に導くためのヒントをわかりやすく説明します。

16時5分~16時10分
(5分)

クロージング

16時10分~17時10分
(60分)

交流会(予定)


お申し込み

お申込みは終了しました。多数のお申込みありがとうございました。