1. ホーム > 
  2. イベント・セミナー > 
  3. セミナー

セミナー開催案内

「高齢者に伝わる・やさしいマニュアル制作
 ~高齢者の特徴を考慮したマニュアル制作のポイント~」

東京会場 日時:6月3日(金曜日)14時-15時30分(13時30分より受付開始)
会場:株式会社PFU 新橋サービスセンター 8F
    (会場案内図:http://www.pfu.fujitsu.com/service/kanto/shinbashi.html
金沢会場 日時:6月15日(水曜日)14時-15時30分(13時30分より受付開始)
会場:金沢勤労者プラザ
    (会場案内図:http://www.kinpura.com/map.html )
対象者
  • 高齢者対象製品のドキュメント制作部門の責任者
  • 高齢者対象製品のドキュメント作成を予定している開発部門の責任者
  • 高齢者向けマニュアル作成を検討している方
  • 製品添付用ドキュメントの作成にお悩みの方

♦当日は名刺を一枚ご持参ください。
受講料 無料
定員 各会場12名

♦最低開催人数に満たない場合は、中止となる場合がございます。予めご了承ください。
講師 PFUテクニカルコミュニケーションズ株式会社 ドキュメント開発事業部 塩谷美智代

セミナープログラム(講義内容が変更になることがあります)

我が国の65歳以上の高齢者人口は、総人口に占める割合も26%となっており、高齢化は今後もますます進んでいくと予測されています。
このシニア世代の人々は、経済的にも自立し「人生を楽しんでいる高齢者」が多いとされ、高齢者をターゲットとしたマーケット拡大の可能性はこれからも拡大することが期待されます。
一方で、高齢者の加齢に伴う身体的な衰えは避けることができないのが実情であり、製品を正しく安全に使っていただくためには、製品のマニュアルを制作する際に、高齢者への配慮が重要となっています。
このセミナーでは、高齢社会の現状や高齢者の身体的および心理的な特徴を踏まえ、マニュアルがはたすべき役割の重要性、およびマニュアルの制作に必要なポイントについて、実際のマニュアルの制作実績をもとに解説します。

  1. 日本の高齢社会の現状とこれから
  2. 加齢に伴う心身の変化
  3. 利用者を考慮したマニュアル制作
    • 利用者の分析
    • 分析結果に基づいたマニュアル設計
    • 文書表現の留意点
    • ビジュアル表現の留意点
  4. 事例紹介
  5. 質疑応答

<お申し込み>

お申込みは終了しました。多数のお申込みありがとうございました。