1. ホーム > 
  2. イベント・セミナー > 
  3. セミナー

セミナー開催案内

多言語マニュアルの品質にまつわるモヤモヤを解決する3つのポイント

多言語翻訳について、次のようなモヤモヤはありませんか?
  • 多言語マニュアルの「品質」が本当に良いのかどうか不安
  • 翻訳会社に任せっきりで、翻訳が上がってきても何を確認すれば良いのかわからない
このようなモヤモヤを吹き払うには、「品質基準」「品質管理プロセス」の整備が重要です。さらに、信頼できる翻訳会社選びも重要となります。
このセミナーでは、上記3つのポイントについてご紹介します。
また、弊社が行っている翻訳品質を確保するための2つの事例をご紹介します。

日時、会場、講師、お願いなど

大阪会場 日時:2017年11月28日(火曜日)15時-16時30分(14時30分より受付開始)
会場:株式会社PFU 関西支店  TV会議室A/B
    (会場案内図:http://www.pfu.fujitsu.com/facilities/10.html

申込締切:2017年11月22日(水曜日)
東京会場 日時:2017年11月30日(木曜日)15時-16時30分(14時30分より受付開始)
会場:東京国際フォーラム G508
    (会場案内図:https://www.t-i-forum.co.jp/general/access/

申込締切:2017年11月27日(月曜日)
対象者 多言語マニュアルの品質向上を目指している方
多言語展開を検討している方
翻訳を外注している、または外注を検討している方

  ♦同業他社の方からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。

受講料 無料
定員 大阪会場20名、東京会場20名

  ♦最低開催人数に満たない場合は、中止となる場合がございます。予めご了承ください。
  ♦お申し込み者数が定員数を超えた場合、会場が変更になることがあります。
    予めご了承ください。

講師 講師 PFUテクニカルコミュニケーションズ株式会社
ドキュメント開発事業部
吉藤禎造

  • TC技術検定2級 使用情報制作実務[MP]取得
  • PC用ソフトウェアの開発を経て、日本語ヘルプの執筆業務に従事
  • ハードウェア製品の日英マニュアル業務の担当中に3年間アメリカに駐在
    英文マニュアルの編集および現地スタッフとのコンテンツ調整を担当
  • 多言語マニュアルの管理業務を経て、現在は英多言語のUI翻訳および管理業務に従事
お願い
  • 受講される方の名刺を一枚ご持参ください。
  • 当セミナーは、録音・録画・撮影を禁止しております。また、セミナーで配布された資料をスキャンなどの方法で複製し、複製物を有償・無償を問わず第三者に配布することも禁止しております。

セミナープログラム(講義内容は変更になることがあります)

  1. ポイント1(品質基準の整備)
    どのように多言語の品質基準を定義してまとめたのか、弊社で整備したドキュメントや活用しているツールの紹介を交えて説明します。
  2. ポイント2(品質管理プロセスの整備)
    原典の入手から納品までの一連の作業を明確化し、どのように各工程の役割を定義したのか、加えて最終生成物の品質を確保するために重要なPDCAや管理方法について説明します。
  3. ポイント3(信頼できるパートナー会社選び)
    パートナー会社を評価する観点、コミュニケーションの取り方、育成の取り組みについて紹介します。
  4. 事例1(用語の一元管理)
    日英多言語の用語データベースを製品開発部隊と共有し、開発終盤の用語変更に確実に対応する仕組みを紹介します。
  5. 事例2(翻訳依頼の自動化)
    煩雑な手作業による人的ミスを削減するために行った、自動化の取り組みを紹介します。
  6. まとめ
  7. 質疑応答

お申し込み

セミナーのお申し込みはこちら。