1. ホーム > 
  2. イベント・セミナー > 
  3. セミナー

セミナー開催案内

執筆者のためのトピック指向ライティング  ~トピックはこう書く!~

提供媒体の多様化や、読み手の行動の変化を背景として、マニュアルを先頭から順番に読む形態から、拾い読み的に情報を得る行動が増えてきています。
こうした読み方に適切に対応するには、「トピック」や「トピック指向」という概念に基づいた情報設計が必要です。
本セミナーでは、トピック指向ライティングの概要・特徴・効果といった全体像を解説するとともに、トピックを作成するプロセスを理解するための演習を行います。演習では、あらかじめ用意したトピック要件(注1)をもとに、情報タイプ(注2)別のトピックを執筆するプロセスを体験していただきます。
トピック指向ライティング」について興味をお持ちの方、当技術を業務に取り入れたいとお考えの方は、この機会を是非ご利用いただけますよう、よろしくお願いいたします。

演習教材
テクニカルコミュニケーションシンポジウム2016(注3)の特別セッション「構造化文書のための執筆技術を学ぶ」をベースにした内容のものを使用。

注1)トピックを作成するために必要な情報を記載した指示書
注2)トピックの目的に応じて構造設計されたトピックの型の種類
注3)一般財団法人 テクニカルコミュニケーター協会主催のシンポジウムのイベントで、
       研究成果の公開、学習、交流などを目的に全国規模で開催

日時、会場、講師、お願いなど

大阪会場
終了
日時:2017年5月24日(水曜日)13時30分-17時(13時より受付開始)
会場:株式会社PFU 関西支店  TV会議室A/B
    (会場案内図:http://www.pfu.fujitsu.com/facilities/10.html

申込締切:2017年5月19日(金曜日)
東京会場
終了
日時:2017年5月25日(木曜日)13時30分-17時(13時より受付開始)
会場:株式会社PFU 新橋サービスセンター 8F
    (会場案内図:http://www.pfu.fujitsu.com/service/kanto/shinbashi.html

申込締切:2017年5月22日(月曜日)
対象者
  • トピック指向ライティングの全体像を知りたい方
  • トピック指向ライティングによるマニュアル制作を検討されている方
  • トピック指向ライティングを既に実践しており、トピックの設計・執筆にお悩みの方


  ♦同業他社の方からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。

受講料 16,200円(税込・資料代込)

  • お支払いいただいた受講料は事情を問わずお返しできませんので、ご了承ください。
  • ご本人が受講できない場合は、代理の方の出席をお願いいたします。
お支払方法 銀行振込

  • 受講料は前払いとなります。
  • お申込みされた方には、お支払方法(弊社指定の銀行口座)をメールでご連絡いたします。
  • 誠に恐れ入りますが、振込手数料はご負担ください。
定員 大阪会場20名、東京会場12名

  ♦最低開催人数に満たない場合は、中止となる場合がございます。予めご了承ください。
  ♦お申し込み者数が定員数を超えた場合、会場が変更になることがあります。
    予めご了承ください。

講師 講義担当
PFUテクニカルコミュニケーションズ株式会社 ドキュメント開発事業部
講師  佐藤千秋
  • テクニカルライティング歴25年
  • ソフトウェア製品やネットワーク製品のマニュアルを中心に、ヘルプや各種説明書の作成に従事
  • テクニカルコミュニケーションシンポジウム2016で「トピック指向ライティング」について事例紹介



演習担当
PFUテクニカルコミュニケーションズ株式会社 ドキュメント開発事業部
講師  飯田瑞恵
  • テクニカルライティング歴10年
  • イメージング製品マニュアルを中心に、ヘルプや各種説明書の作成に従事
  • テクニカルコミュニケーションシンポジウム2016で「トピック指向ライティング」に関する特別セッションの演習講師を担当
お願い
  • ご入金を確認後、受講番号をお知らせいたしますので、当日はその受講番号をご提示ください。
  • 受講される方の名刺を一枚ご持参ください。
  • 当セミナーは、録音・録画・撮影を禁止しております。また、セミナーで配布された資料をスキャンなどの方法で複製し、複製物を有償・無償を問わず第三者に配布することも禁止しております。

セミナープログラム(講義内容は変更になることがあります)

  1. トピック指向ライティングの全体像
    • トピックとは
    • トピックを構成する要素
    • トピックの粒度
    • 部品化と構造化
  2. トピック指向ライティングの必要性
    • ユーザの行動の変化
    • 閲覧環境や媒体の変化
    • グローバル化への迅速な対応
  3. トピック指向ライティングの特徴
    • トピック指向ライティングの適用が効果的な文書
  4. トピック指向ライティングの技術
    • トピック指向ライティングに求められる技術
  5. トピック指向ライティングの留意点
    • 再利用の留意点
    • プロセスの留意点
    • 役割分担の留意点
  6. 制作工程を理解する
    • トピック指向ライティングの制作工程と各工程の作業内容
  7. 新しい概念を理解する
    • ユースケース図
    • 情報タイプ
    • トピック要件
    • 要求と要件
  8. 質疑応答
  9. [演習]トピックを執筆してみる
    • トピック要件をもとに、情報タイプ別のトピック作成のプロセスを理解する
  10. 質疑応答

お申し込み

お申込みは終了しました。多数のお申込みありがとうございました。