1. ホーム > 
  2. イベント・セミナー > 
  3. セミナー

セミナー開催案内

DITAスモールスタートのすすめ
 〜DITAを始めるために重要な3つのポイントを解説〜

東京会場
終了
日時:2017年2月24日(金曜日)15時30分-17時(15時より受付開始)

会場:株式会社PFU 新橋サービスセンター 8F
    (会場案内図:http://www.pfu.fujitsu.com/service/kanto/shinbashi.html
大阪会場
終了
日時:2017年3月2日(木曜日)15時30分-17時(15時より受付開始)

会場:株式会社PFU 関西支店  TV会議室A/B
    (会場案内図:http://www.pfu.fujitsu.com/facilities/10.html
対象者 DITAについての基本的な知識は有しているが、以下の理由により導入を躊躇している人
  • DITAを導入するにあたって何を準備すればよいか分からない
  • DITAの導入にはCMSの構築など大きなコストがかかると考えている
  • DITAを手軽に始められる方法を模索している人


  ♦同業他社の方からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。

受講料 無料
定員 東京会場12名、大阪会場20名

  ♦最低開催人数に満たない場合は、中止となる場合がございます。
    予めご了承ください。

講師 PFUテクニカルコミュニケーションズ株式会社 基盤ソフトウェア開発部
坪田 和憲

講師
  • ソフトウェア開発/システムエンジニア歴20年
  • マニュアル制作におけるインフラ基盤整備を担当
  • DITA Festa 2015, DITA Festa 2016にて、自社のDITAに関する取り組み/サービスを紹介
お願い
  • 当セミナーは、録音・録画・撮影を禁止しております。また、セミナーで配布された資料をスキャンなどの方法で複製し、複製物を有償・無償を問わず第三者に配布することも禁止しております。

セミナー概要

弊社では、汎用のテキストエディタや表計算ソフトなど、通常の業務で使用している製品やオープンソースソフトウェアを活用することで初期コストを抑えてDITA(注1)を導入し、大きな成果を出しています。弊社ではこのDITAの導入方法を「DITAスモールスタート」と呼んでいます。

このセミナーでは、DITAに興味はあっても導入リスクを懸念されている方に、DITAスモールスタートの始め方についてお伝えします。
制作環境のほか、DITA導入に重要な「規約」や「トレーニング」についても、具体例を挙げながら分かりやすく解説します。

また、皆様のDITAのスモールスタートを支援する、弊社のノウハウが詰まった「DITAスターターサービス」についてもご紹介いたします。是非ご活用ください。

(注1)XMLベースの国際標準規格。技術情報の制作・発行・配布を目的としたアーキテクチャーで、ドキュメントを再利用可能なコンポーネントとして表現するための標準仕様。


♦同日、無料セミナー「ワンソース・マルチユース入門」を開催致します。本セミナーと併せて受講いただけます。

セミナープログラム

  1. DITA導入に必要な要素
    DITA導入に関する各要素の必要性および関連性を説明するとともに、各要素を具体例も示しながら解説します。
    • 規約
    • 制作環境
    • トレーニング
  2. スモールスタートのメリット
    スモールスタートの意味や、各要素における進め方を説明するとともに、スモールスタートのメリットについても解説します。
  3. DITAスターターサービスについて
    DITAのスモールスタートをサポートする弊社のサービスについて紹介します。
  4. 質疑応答

  ♦なお、当日の進行状況などによりセミナー内容を変更する場合がございます。

お申し込み

お申込みは終了しました。多数のお申込みありがとうございました。