1. ホーム > 
  2. イベント・セミナー > 
  3. セミナー

セミナー開催案内

「伝える」から「伝わる」マニュアルへ
 ~ユーザー分析から考える情報提供のあり方~

好評につき、大阪で追加開催決定!

東京会場
終了
日時:2016年11月25日(金曜日)13時30分-15時(13時より受付開始)
会場:株式会社PFU 新橋サービスセンター 8F
    (会場案内図:http://www.pfu.fujitsu.com/service/kanto/shinbashi.html
金沢会場
終了
日時:2016年11月29日(火曜日)13時30分-15時(13時15分より受付開始)
会場:金沢勤労者プラザ  401号室
    (会場案内図:http://www.kinpura.com/map.html
大阪会場
終了
日時:2017年2月3日(金曜日)15時-16時30分(14時30分より受付開始)
会場:株式会社PFU 関西支店  TV会議室A/B
    (会場案内図:http://www.pfu.fujitsu.com/facilities/10.html
対象者
  • 製品添付用ドキュメント(取扱説明書・マニュアル等)制作部門の責任者
  • 現状のマニュアルに対して「探しにくい」「わかりにくい」などの改善要望をお持ちの方
  • グローバル対応に伴い、マニュアル制作期間の短縮を実現する必要がある方
  • 多言語翻訳の効率化に課題がある方


  ♦同業他社の方からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。

受講料 無料
定員 20名

  ♦最低開催人数に満たない場合は、中止となる場合がございます。
    予めご了承ください。

講師 PFUテクニカルコミュニケーションズ株式会社 ドキュメント開発事業部
西端 裕一

講師
  • マニュアル制作歴25年(スキャナ製品マニュアルを担当)
  • ScanSnap SV600 かんたんガイドが日本マニュアルコンテストにおいて、電子マニュアル別画面表示部門「部門優良賞」を受賞

技術論文

お願い
  • 当セミナーは、録音・録画・撮影を禁止しております。また、セミナーで配布された資料をスキャンなどの方法で複製し、複製物を有償・無償を問わず第三者に配布することも禁止しております。

セミナー概要

製品が多様化する現在、ユーザーに必要とされるマニュアルも変化してきています。これまでは、必要な情報をわかりやすく「伝える」ことに注力してきましたが、これからは、必要な情報が必要なときに「伝わる」ということが重要になってきます。ユーザーが自ら情報を見つけ、自ら解決できる・・・そんなマニュアルです。その反面、マニュアル制作に多額のコストをかけられないという現状があるのも事実です。

弊社では、マニュアルの使われ方を各視点から分析し、マニュアルの内容を大きく変更せずに、ユーザーの行動に配慮した「情報の入り口」を作ることで、「伝わる」マニュアルを制作しています。
さらに、DITA(注1)の技術を活用して開発効率を向上することで、コスト削減についても効果を実証しました。
このセミナーでは、TC協会(注2)主催の日本マニュアルコンテストで受賞したマニュアルの改善事例をもとに、以下についてご紹介します。
  • ユーザーに伝わるマニュアル制作に必要なポイント
  • 効率化を実現するための開発技術

マニュアル制作にお困りの方、マニュアルの改善をお考えの方は、この機会をぜひご利用ください。

(注1)XMLベースの国際標準規格。技術情報の制作・発行・配布を目的としたアーキテクチャーで、ドキュメントを再利用可能なコンポーネントとして表現するための標準仕様。
(注2)一般財団法人 テクニカルコミュニケーター協会


セミナープログラム

  1. 伝わるマニュアルとは
    必要な情報が「伝わる」マニュアルの重要性について説明します。
  2. 取り組み内容
    「伝わる」を導き出すために着目した課題や改善点について、弊社での取り組みをもとに説明します。
    • 分析と課題解決
    • 企画設計
    • 表現設計
  3. スキャナ「ScanSnap」の製品マニュアルでの改善事例
    改善項目と日本マニュアルコンテストの受賞ポイントを説明します。
  4. グローバル視点でのマニュアル制作の効率化
    DITA導入による、多言語展開の効率化について説明します。
    • グローバル展開におけるコンテンツ制作の課題
    • DITAの適用
  5. 質疑応答

  ♦なお、当日の進行状況などによりセミナー内容を変更する場合がございます。

お申し込み

お申込みは終了しました。多数のお申込みありがとうございました。