1. ホーム > 
  2. 採用情報 > 
  3. 職種説明・先輩社員紹介 > 
  4. ドキュメント制作エンジニア 平田さん

先輩社員:ドキュメント制作エンジニア 平田さん

「英語版マニュアル作成」ということ


ドキュメント制作エンジニア
平田さん 理学部卒
2006年入社


私は、ストレージ製品(コンピュータのデータ記憶装置)の英語版マニュアルと、スキャナ製品の英語版マニュアル作成に携わっています。具体的には、製品の開発部門から頂いた情報に基づいてマニュアルの文章を書いたり、レイアウトやマニュアル中の図の編集をしたり、書かれた記事の内容が日本語版のものとあっているかを確認する作業を担当しています。「マニュアルの文章を書く」というのは、英語版マニュアル作成の場合、日本語版で新しく追加された記事を英語に翻訳することを指します。なので、翻訳業務にも関わっていると言えます。翻訳の量は、新しい記事の量に左右されるため、数ページしかないときもあれば、数十ページあるときもあります。

こんなことがあります

ひとつの製品に添付されている複数のマニュアルやヘルプを同時に作成することがあるのですが、そのときは複数の人が翻訳、編集に関わることになります。作業に携わっている人同士で情報の共有をしたり、問題があれば報告しあったりしないと、同じ文や語句に対して異なる翻訳をしてしまったり、作業に無駄が出てしまうなど、さまざまな不都合が出てきます。そのような経験を通じて、コミュニケーションやメンバー同士の協力など、他人のことを意識して作業することの大切さが分かったような気がします。とても当たり前のことですが、マニュアル作成の工程を滞りなく進めるにはとても大事なことだと思っています。


やりがい

英語が好きで今の部署に入ったので、翻訳の仕事に関われるだけでとても満足しています。ただ、翻訳だけをしているわけではないので、翻訳だけにやりがいを求めてしまうと辛いかもしれません。また、あまり機会は多くありませんが、自分が担当したマニュアルが一冊の本になったところを見ると、とても達成感がでてきます。他の人の役にたつものを作るのは、とてもやりがいがあると思います。



採用情報