1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. 本文

2014年1月30日
株式会社PFU

[PRESS RELEASE]

紙文書の電子化を効率的に実現する「PFUドキュメントファイリング・シリーズ」を発表

株式会社PFU(社長:長谷川 清、東京本社:川崎市幸区)は、紙文書の電子化と活用を効率的に実現し、導入が容易なドキュメントソリューションを「PFUドキュメントファイリング・シリーズ」として商品化し、本日より販売を開始いたします。

[関連リンク] ドキュメントファイリング・シリーズ ホームページ

当社はこれまで多くのお客様に「ドキュメントソリューション」をご提供し、紙文書にかかわる経営課題を解決して参りました。
この度、お客様が容易にドキュメントソリューションを導入できるように、ドキュメントソリューションをパッケージ化した商品として「PFUドキュメントファイリング・シリーズ」を、本日より販売開始いたします。

「PFUドキュメントファイリング・シリーズ」は日々の作業の中で多くの紙文書を使用している業務の中から、導入効果が高いと考える、「契約書管理」「通知・通達文書管理」「貿易帳票管理」「人事帳票管理」「証憑管理」の5つの業務を対象に、豊富な構築実績をベースとし商品化を行いました。ハードウェア、ソフトウェアとスタートアップサービスを合わせて、ワンストップで提供いたします。

当システム導入後も、拡張サービスをお使いになることで業務範囲や利用規模を拡大する事が可能です。お客様は必要最小限の投資からスタートし、その有効性を実感しながら基幹業務に近い領域まで適用範囲を広げることができます。

拡大する



PFUドキュメントファイリング・シリーズの特長

  • 簡単・容易に導入が可能

    「PFUドキュメントファイリング・シリーズ」は、導入が容易に行えるよう、豊富な構築実績をベースとしたスタートアップサービスに加え、ハードウェア(サーバ機器、スキャナ)、ソフトウェア(ファイリングソフト、データベース)をパッケージ化しており、早期導入が可能となっています。


  • 5つの業務ソリューションをパッケージ化

    日々の作業の中で多くの紙文書を使用している業務の中から、導入効果が高いと考える、「契約書管理」「通知・通達文書管理」「貿易帳票管理」「人事帳票管理」「証憑管理」の5つの業務をシステムとしてパッケージ化いたしました。


  • 充実したスタートアップサービス

    多くのドキュメントソリューションの構築実績を活かし、お客様の利用環境に応じたシステム導入をいたします。導入にあたっては当社文書情報管理士(注1)により、管理対象にあたる文書分類を含めて体系立てて管理できるように設計いたします。さらに利用するための環境をインストールおよび設定作業を行います。


  • スキャナを標準装備

    世界シェアNo.1の業務用イメージスキャナ「fiシリーズ」(注2)と連携の他、契約書等の袋とじされている文書に対しては、標準装備(注3)しているオーバーヘッド型のパーソナルドキュメントスキャナScanSnap SV600を使用することで、冊子をめくるだけで簡単に電子化ができます。


PFUドキュメントファイリング・シリーズ詳細

  1. 契約書管理システム
    対象業務 契約済(完成文書)契約書の一元管理
    対象業種/部門 全業種/営業、営業事務、法務部門
    システムの特長 1.オーバーヘッド型のスキャナで、袋とじの契約書をめくるだけで電子化
    2.有効期限連絡のメール通知で契約書の更新忘れを防止
    拡張サービス 印紙税節減対策、ワークフロー、他システム連携、仕分OCR

  2. 証憑管理システム
    対象業務 営業証憑の一元管理
    対象業種/部門 全業種/営業、営業事務部門
    システムの特長 1.電子化により複数の拠点で証憑閲覧が可能
    2.会計監査において目的の文書をすぐ見つけ出す事ができ、作業時間が短縮
    拡張サービス 印紙税節減対策、他システム連携、仕分OCR

  3. 貿易帳票管理システム
    対象業務 インボイス、注文書等貿易帳票の一元管理
    対象業種/部門 製造業を中心とした全業種/生産管理、海外営業、購買・調達部門
    システムの特長 1.取引に関わる複数の書類をまとめて電子化し一元管理
    2.複数の拠点で閲覧可能。原本の所在管理により監査にも対応
    拡張サービス 他システム連携、仕分OCR

  4. 人事帳票管理システム
    対象業務 人事・労務及び労働安全衛生分野における帳票の一元管理
    対象業種/部門 全業種/人事部門
    システムの特長 1.紙の配布・コピー作業が無くなりセキュリティが強化され、紛失リスクを軽減
    2.複数の拠点で閲覧可能。原本の所在管理により、必要時の原本参照が可能
    拡張サービス 他システム連携、仕分OCR

  5. 通知・通達文書管理システム
    対象業務 通知・通達文書の配信受領確認、理解度チェック
    対象業種/部門 文教分野、金融業/総務、コンプライアンス部門
    システムの特長 1.通知・通達を電子化し、事前設定された対象者だけにセキュリティを確保し一括配信
    2.既読確認チェックで、未読者を特定し伝達漏れを防止。配信内容の理解度チェックにも対応

拡張サービス概要

標準構成に加え、基幹業務に近い領域に適用範囲を広げる事が、本サービスを適用いただく事で可能となります。

・印紙税節減対策サービスクラウドサービスを利用し、管理ドキュメントに電子署名、タイムスタンプを付与し保管
・ワークフローサービス各業務をワークフロー化し、作業スピードアップと内部統制を実現
・他システム連携サービス既存システムと連携し、既存システム画面からのドキュメント閲覧を実現
・仕分OCRサービススキャン入力時にOCR処理を行うことで、帳票仕分とデータ入力の省力化を実現

商品価格

(標準構成)

契約書管理システム 390万円 ※ScanSnap SV600 1台
証憑管理システム
貿易帳票管理システム
人事帳票管理システム
396万円 ※fi-7160 1台
通知・通達文書管理システム 632万円 ※ScanSnap SV600 1台、 fi-7160 1台

(拡張サービス)

印紙税節減対策サービス ※個別見積りとなります
ワークフローサービス
他システム連携サービス
仕分OCRサービス

商品構成

ハードウェア サーバPRIMERGY TX140 (OS、基本設定含む)
スキャナScanSnap SV600 もしくは fi-7160
ソフトウェア データベースSQL Server 2012 5cal
ファイリングソフトOnBase 同時5ユーザ
バックアップDatacloning/SV5.1
設定作業 スタートアップサービスインフラセットアップサービス
OnBaseセットアップサービス
OnBase管理者教育サービス
操作マニュアル提供

イベント

2月19日(水曜日)Hyland Software社(注4)との共催によるセミナーにおいて、本商品のご紹介をいたします。

名称 「業務を劇的に変える!ドキュメントファイリング活用セミナー(仮題)」
開催日時 2014年2月19日(水曜日) 15:30~17:00 (受付開始:15:00)
会場 JPタワー ホール&カンファレンス (JR東京駅 徒歩1分)

関連ホームページ

http://www.pfu.fujitsu.com/onbase/scene/ 「ドキュメントファイリング・シリーズ」紹介ページ


商標について

  • ScanSnapは、株式会社PFUの日本における登録商標です。
  • OnBaseは、Hyland Software, Inc.の、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
  • SQL Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

  • (注1)文書情報管理士は、公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)の認定資格です。主にオフィスで取り扱う文書類、帳票類、伝票類、技術資料、図面などをコンピュータの画面で見ることができるようにするためにスキャニングしたり、また大量の書類を効率よく安全に長期保管するためにマイクロフィルムに撮影したりするための知識や技術を習得したエキスパートです。
  • (注2)ドキュメントスキャナの主要市場である北米、欧州、日本でそれぞれシェアトップです。詳細は業務用イメージスキャナ「fiシリーズ」紹介ホームページを参照ください。
    http://imagescanner.fujitsu.com/jp/concept/feature-story/page2.html
  • (注3)ScanSnap SV600は「契約書管理システム」「通知・通達文書管理システム」の2システムに標準装備しております。
  • (注4)Hyland Software社は、ECM(Enterprise Content Management)ソフトウェア「OnBase」の開発元であり、1991年の創業以来成長を続け、2011年10月に全世界での導入企業数1万社を達成しております。
    (情報提供:Hyland Software Inc.)

以上


お客様お問い合わせ先

株式会社PFU

販売推進統括部

電話:044-540-4515

E-mail:doc_sol@pfu.fujitsu.com

報道関係者お問い合わせ先

株式会社PFU

経営支援部

電話:044-540-4540

E-mail:pr@pfu.fujitsu.com



※掲載されている情報は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。