1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. 本文

2013年 6月4日
株式会社PFU

[PRESS RELEASE]

インテル最新CPUを搭載した「システム オン モジュール AM120モデル210J」販売開始

~ 第4世代 インテル® Core™ i7プロセッサーを搭載したCOM Express規格モジュール製品 ~

株式会社PFU(社長:長谷川 清、東京本社:川崎市幸区)は、お客様の開発する機器に組み込んでご利用いただく「CPUモジュール」の新製品「システム オン モジュール AM120モデル210J」を本日より販売開始いたします。

本製品は、インテル最新のプロセッサー、第4世代 インテル Core i7プロセッサーを搭載した製品で、従来製品と比較し、処理性能・データ伝送性能の向上、グラフィック性能の強化、低消費電力を実現いたしました。

[関連リンク] エンベデッド製品 ホームページ


システム オン モジュールAM120モデル210J


システム オン モジュールは、CPUやチップセット周辺の主要コンポーネントを搭載した製品で、組込み用途向けCPUモジュールの業界標準規格COM Expressに対応したものです。お客様ボードの開発にシステム オン モジュールをご採用いただくことで、開発期間の短縮、開発費用の低減、品質の早期安定を実現します。

高いシステム性能やグラフィック性能が求められる、工作機械、医療機器、半導体製造/試験装置などへの組込み用途にご利用いただけます。

当社のCPUモジュール製品は、「高い信頼性」、「豊富なドキュメント」、「きめ細やかなQ&A対応」などが評価され、お客様の開発するさまざまな機器でご採用をいただき、累計出荷台数35万台以上の実績を築いています。


インテル社からのエンドースメント

AM120 モデル210J の発表にあたり、インテル株式会社 技術本部 応用技術統括部長 本間 康弘氏より、以下のメッセージをいただいています。

インテルは、株式会社PFU様のシステム オン モジュール AM120 モデル210Jの発表を歓迎いたします。

AM120 モデル210J に搭載される最新の第4 世代 インテル Core プロセッサー・ファミリーは、高機能な組込み機器が必要とする高い性能と優れた電力効率、そして先進のグラフィックス性能を提供いたします。組込み市場の要求に応える第4世代 インテル Core プロセッサー・ファミリーの高い性能と、AM120 モデル210Jが提供する豊富なインタフェースが、さまざまな組込み機器で利活用されることを期待しています。

本製品の特長

1.最新の第4世代インテル Core プロセッサー・ファミリーを搭載

最新の第4世代 インテル Core i7-4700EQ プロセッサー(クアッドコア・プロセッサー)とモバイルインテルQM87 Expressチップセットを搭載し、大幅なパフォーマンスアップと、低消費電力の両立を実現しました。CPU性能は、従来機種であるAM120モデル210Hと比較して、16%向上しております。(注1
また、PCI Express 3.0をサポートし、さらに高速なデータ伝送が可能となりました。
なお、今後、第4世代 インテル Core プロセッサー・ファミリーを搭載した製品を順次ご提供していく予定です。

2.グラフィック性能の強化

第4世代 インテル Core i7プロセッサーに内蔵されたグラフィックコアにより、高性能のグラフィック機能を提供します。従来機種と比較して約2倍のパフォーマンスを実現しました。

3.標準規格COM Express(注2)対応

PICMG(注3)が制定した組込み用途向けCPUモジュールの標準規格であるCOM Expressに対応した製品です。本製品は、COM Express規格の主流であるType6 に対応しており、将来にわたって安心してご使用いただけます。

4.充実のサポート

当社では、お客様アプリケーションを先行評価するための評価ボード、キャリアボード設計のための充実した内容のマニュアルを準備して、お客様の開発を強力にサポートします。
また、国内設計・国内製造により、お客様に満足いただける高い品質と、充実したサポートを提供いたします。


適用分野

工作機械、医療機器、半導体製造/試験装置、計測機器、ネットワーク機器、デジタルサイネージ(電子看板)、放送・映像機器など、高いシステム性能、高速インタフェース、高いグラフィック性能が求められる分野。また、小型装置や複数CPU搭載装置への適用も想定しています。



適用事例

1.小型装置


当社製品の小型組込みコンピュータAR2000は、システム オン モジュールを採用しております。
システム オン モジュールは外形寸法が小さい(125×95mm)ため、AR2000のように大幅な小型化(178×175×50mm)と多機能を同時に実現することができます。

2.複数CPU搭載装置

外形寸法の小さいシステム オン モジュールを採用することにより、1台に複数CPUを搭載することが可能となり、複数装置を1台にまとめて省スペース化、限られたスペースに複数CPUを搭載して性能向上を実現できます。




商品名および出荷開始

商品名 出荷開始
システム オン モジュールAM120モデル210J 2013年8月

販売目標

AM100シリーズ全体で今後3年間10万台


展示会

本製品は下記の展示会でご覧いただけます。

名称 PFU IT Fair 2013
期日 2013年6月14日(金曜日) 10時~17時 2013年7月5日(金曜日) 10時~17時
会場 東京会場
(目黒雅叙園)
大阪会場
(ホテル阪急インターナショナル)

※ご来場に際しては、当社ホームページ (http://www.pfu.fujitsu.com/itfair/2013/)にて事前登録が必要となります。



関連ホームページ


システム オンモジュールについて

システム オン モジュールは、CPU、チップセットなどの主要なコンポーネントを小型パッケージに凝縮した組込み用小型モジュールです。お客様が必要とするI/Oインタフェースを搭載したキャリアボードと組み合わせることにより、お客様仕様の専用装置を実現可能です。また、CPUやチップセット周辺の開発が必要ないため、開発期間の短縮、開発費用の低減、品質の向上を実現します。また、モジュールを取り替えることにより、容易にお客様装置のアップグレードが可能です。

商標について

  • インテル、インテル Coreは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
  • その他の社名及び製品名は、各社の商標及び登録商標です。

注釈

  • (注1)ベンチマークソフトウェアSandraで測定したDhrystone値(当社測定値)。AM120モデル210H(Core i7-3615QE)搭載品との比較。
  • (注2)COM Expressは、PICMGが制定した組込み向けCPUモジュール規格で、I/O部を持ったキャリアボードと組み合わせることで、マザーボード機能を実現可能です。PCI Express、シリアルATA等高速インタフェースに対応しています。
  • (注3)PICMG(PCI Industrial Computer Manufacturers Group)は、高性能テレコミュニケーションと産業コンピュータの利用のために、オープンな標準規格を協力して開発する450を超える企業が参画する団体です。これまでに、CompactPCI、AdvancedTCA、COM Expressなどを標準規格化した実績があります。


以上


お客様お問合せ先

株式会社PFU

ビジネスサポート統括部

電話:044-540-4515

E-mail:prodes@pfu.fujitsu.com

報道関係お問合せ先

株式会社PFU

経営支援部

電話:044-540-4540

E-mail:pr@pfu.fujitsu.com



※掲載されている情報は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。