1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. 本文

2008年 5月13日
株式会社PFU

[PRESS RELEASE]

インテル® Atom™ プロセッサ搭載のシステムオンモジュールAM105販売開始
~ 超低消費電力モデルを追加しラインナップ強化 ~

システムオンモジュール AM105

株式会社PFU(社長:輪島 藤夫、東京本社:川崎市幸区)は、インテルの最新プロセッサAtomを搭載したシステムオンモジュール「AM105」を開発、本日5月13日より販売開始いたします。

システムオンモジュールは、COM Express(注1)規格に準拠した製品で、さまざまな装置への組込み用に開発された小型CPUモジュールです。PFUでは従来より処理性能に応じたラインナップ化を進め、2007年度COM Express準拠製品の国内シェアNo.1の販売実績(注2)を築いております。


インテル Atom プロセッサは、小型のデバイスや低消費電力用途向けに新規に設計された、インテル製品の中で最小かつ最も低い消費電力で動作するプロセッサです。

今回、このインテル Atom プロセッサを、システムオンモジュール「AM105」に搭載したことにより、新たにCPUボードを設計することなく、手軽に各種の組込み装置でインテル Atomプロセッサをご採用いただけます。

インテル コーポレーション 組込み製品マーケティング・ディレクターのジョナサン・ルースは、「インテル® Atom™ プロセッサーを搭載するPFUの新しいシステムオンモジュール「AM105」は、組込み市場向けに高い性能と低消費電力を同時に満たす製品です。小型で低消費電力かつ優れた性能のインテル® Atom™ プロセッサーは、組込み市場向けに最適な小型ボードの設計を可能にします。」と述べています。


当社では、組込み装置に求められるCPU処理性能に応じて、「AM120(Core™ 2 Duoプロセッサ/高速グラフィックスを搭載した高性能モデル)」、「AM160(サーバ用チップセットを搭載してECCメモリをサポートした高信頼性モデル)」といったラインナップをご提供しており、今回発表する「AM105(Atomプロセッサを搭載した超低消費電力モデル)」を加え、3モデル7機種でお客様の多様なニーズにお応えしてまいります。

「AM105」は超低消費電力モデルとして、工作機械、ロボット、医療機器、計測機器、デジタルサイネージなどの産業分野における「ファンレス装置」「バッテリー駆動装置」「ハンドヘルド装置」などの分野に向け、販売を強化してまいります。

システムオンモジュールはCOM Express規格に準拠しており、相互に互換性を維持しております。このため、AtomプロセッサからCore 2 Duoプロセッサまでのバリエーションをそろえたシステムオンモジュールの採用により、お客様の幅広い製品ラインナップ化を容易に実現します。


AM105 特長、適用分野

1. 超低消費電力 インテル Atomプロセッサの採用

モバイル専用設計の新アーキテクチャを採用したインテル Atomプロセッサを搭載し、これにより高い処理性能と超低消費電力を両立しています。

  • 消費電力あたりの性能を向上するためにハイパースレッディング・テクノロジーを採用して2スレッドを同時に実行
  • 当社既存機種と比較して2分の1以下の消費電力(AtomプロセッサTDP:2.2W)

2. 適用範囲の拡大

超低消費電力のAM105を採用することにより、ファンレス装置、バッテリー駆動装置、ハンドヘルド装置を容易に実現することができます。


(例)
  • 屋外や工場など厳しい環境に設置される装置
  • ポータブル型の計測機器、医療機器など

3. 業界標準規格COM Express準拠

PICMG(注3)が制定した組込み用途向けモジュールの標準規格であるCOM Expressに準拠した製品です。


【適用分野】

工作機械、ロボット、医療機器、計測機器、デジタルサイネージ機器などで超低消費電力が求められる分野


商品名、価格および出荷開始時期


商品名 搭載CPU 型名 価格 出荷開始日
システムオンモジュール
AM105モデル110
インテル Atomプロセッサ
Z530 (1.6GHz)
PD-AM05Z530 54,800円 (注意) 2008年9月30日

(注意) 100台ロット価格


展示会

本製品は下記の展示会でご覧いただけます。

「第11回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」

http://www.esec.jp/

会期 2008年5月14日(水曜日)~5月16日(金曜日)
会場 東京ビッグサイト (当社ブース:東28-30、インテルブース:東30-51)

「組み込み総合技術展 関西(Embedded Technology WEST)」

http://www.jasa.or.jp/etwest/

会期 2008年6月5日(木曜日)~6月6日(金曜日)
会場 インテックス大阪5号館 (当社ブース:C-2)

「PFU IT Fair 2008」

  東京会場 大阪会場
会期 2008年6月13日(金曜日)
10時~17時
2008年7月9日(水曜日)
10時~17時
会場 目黒雅叙園 ホテル阪急インターナショナル

ご来場に際しては、当社ホームページ(http://www.pfu.fujitsu.com/)にて事前登録が必要となります。


関連ホームページ


システムオンモジュールについて

システムオンモジュールは、CPU、チップセットなどの主要なコンポーネントを小型パッケージに凝縮した組込み用小型モジュールです。お客様が必要とするI/Oインタフェースを搭載したI/Oボード(キャリアボード)と組み合わせることにより、カスタムマザーボードを短期間で実現することができます。CPU、チップセット周辺の開発が必要ないため、開発期間の短縮を実現します。また、モジュールを取り替えることにより、容易にお客様装置のアップグレードが可能です。


商標について

  • インテル、Intel、インテル Atom は、米国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。
  • その他記載されている会社名・商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

(注1)
COM Express
 COM Expressは、PICMGが策定した組み込み向けCPUモジュール規格で、I/O部を持ったキャリアボードと組み合わせることで、マザーボード機能を実現可能です。PCI Express、シリアルATA等高速インタフェースに対応しています。
(注2)
出典:株式会社富士経済「エンベデッドシステムマーケット 2008」
(注3)
PICMG(PCI Industrial Computer Manufacturers Group)
 PICMG は、高性能テレコミュニケーションと産業コンピュータの利用のために、オープンな標準規格を協力して開発する450を超える企業が参画する団体です。これまでに、CompactPCI、AdvancedTCA、COM Expressなどを標準規格化した実績があります。

以上


お客様お問合せ先

株式会社PFU

マーケティング統括部

電話:044-540-4515

E-mail:prodes@pfu.fujitsu.com

報道関係お問合せ先

株式会社PFU

経営企画部

電話:044-540-4540

E-mail:pr@pfu.fujitsu.com



※掲載されている情報は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。