1. ホーム
  2. ニュース
  3. 本文

2006年5月9日
株式会社PFU

[PRESS RELEASE]

内部統制監査支援ツール 「OnBase®内部監査マネージャ™」を販売開始
~ 毎年継続的に発生する内部監査の作業時間を約30%削減。
   米国で実績のある支援ツールを日本市場向けに提供 ~

株式会社PFU(社長:広瀬勇二、東京本社:川崎市幸区)は、内部監査の対応作業コストを大幅に削減する内部監査支援ツール「OnBase 内部監査マネージャ」を本日より販売開始いたします。


2009年3月期決算から上場企業および連結子会社などへの適用が検討されている「金融商品取引法」による内部統制報告制度(日本版SOX法)に対し、対象企業は早急な対応を迫られています。

米国ではSarbanes-Oxley Act(米国企業改革法、以下:米国SOX法)の施行により既に内部統制への対応が義務づけられており、そのコストは年間平均約440万ドル(注1)(約5億円)にものぼると言われています。
その中でも、内部統制の有効性を検証する内部監査は、RCM(リスク・コントロール・マトリクス)で定義した統制項目に基づく実施が必要で、年間の監査件数は膨大な数におよびます。さらに、初年度だけでなく毎年継続的なコストが発生します。

このような内部監査への対応に発生するコストの削減に向け、当社は、米国ハイランド・ソフトウェア社(注2)の協力の元、米国SOX法対応で実績のある内部統制監査支援ツール「OnBase 内部監査マネージャ」を、日本市場向けに提供いたします。


内部統制におけるPFUのソリューション

当社は内部統制の各対応フェーズでお客様をサポートします。
今回発表の、「OnBase 内部監査マネージャ」は、内部統制の対応フェーズのうち、毎年継続的に発生する「内部統制の監査」の作業時間を約30%削減する製品です。(注3)


フェーズ 内部統制の整備 内部統制の運用 内部統制の監査
全社規模での業務ルールの策定とRCMなどの文書化 規定されたルールに従った業務運用と業務運用の記録 業務がルール通りに実施されているかの検証・監査
課題 複数部署にまたがって、業務ルールを円滑に作成、文書化すること システム化されていない紙などの証跡ドキュメントの蓄積と参照を、効率よく実施すること 業務ルールが正しく遵守されているかの検証を実施し、かつ、監査状況を正確に、もれなく管理すること
PFUの提供ソリューション OnBaseのワークフロー機能により、複数部署への計画・分担・作業指示・審査・承認サイクルを円滑かつ確実に実施できます。 OnBase のドキュメント入力・保管機能により、証跡の収集と蓄積が効率的に行えます。 「OnBase 内部監査マネージャ」により、内部監査の「実施」と「管理」作業を効率的に行えます。これにより、内部監査コストを低減します。
製品、サービス OnBaseエンタープライズソリューション
イメージスキャナ「fiシリーズ」(注4)
OnBase 内部監査マネージャ
(新製品)

内部統制監査支援ツール「OnBase内部監査マネージャ」の特長

「OnBase 内部監査マネージャ」は、毎年継続的に発生する内部監査の「実施」と「管理」という両面にわたって作業時間を約30%削減することが可能です。さらに外部監査を含めたトータル監査コストの削減にも寄与します。

1. 内部監査の「実施」コストを低減

  1. 監査対象ドキュメントの一覧表示により、RCMに基づいた効率的な監査が可能
    例えば"100万円以上の注文書"などの条件で、監査対象ドキュメントを一覧表示できます。
  2. 煩雑なドキュメントの照合を、ワンクリックで迅速に実施
    監査対象ドキュメントをクリックすると、照合すべきドキュメントを表示します。

2. 内部監査の「管理」コストを低減

  1. RCMに対応づけた監査結果の一元管理で、漏れや遅延を防止
    未実施の監査のみ一覧表示するなど、監査結果を様々な条件で検索。監査を漏れなく実施できます。
  2. 監査対象ドキュメントを記録・保管し、外部監査にも迅速に対応
    監査結果と監査したドキュメントを関連付けて記録・保管し、後ほどの証跡の確認作業を効率化します。
  3. 監査結果のレポート出力で、書類づくりを支援
    内部監査レポートを作成する時間を削減できます。

商品体系/価格

商品名 販売価格 出荷開始
OnBase 内部監査マネージャ オープン 6月上旬

販売目標

今後3年間で15億円の販売を予定しております。


展示会

本製品ならびにその他の内部統制ソリューションは、「PFU IT Fair 2006」にてご紹介、デモ展示いたします。

PFU IT Fair 2006

東京会場 開催日時 2006年6月16日(金曜日) 10時~17時
会場 目黒雅叙園(目黒駅 徒歩3分)
大阪会場 開催日時 2006年7月7日(金曜日) 10時~17時
会場 新大阪ワシントンホテルプラザ(新大阪駅 徒歩3分)
  • ご来場に際しては、事前登録が必要となります。
    2006年5月中旬より、当社Webサイト(http://www.pfu.fujitsu.com/)にて受付開始いたします。

顧客サポート

30名の日本人スタッフによる「OnBaseソリューションセンター」が、日本語でのQA対応・サポートをはじめ、お客様のニーズにあわせたパッケージカスタマイズやシステム構築サービスを提供いたします。
また、SIer様向けのリセラー制度もご用意しております。


関連Webサイト

http://www.pfu.fujitsu.com/ecm/(「OnBase」紹介Webサイト)


注釈

(注1) 年間平均約440万ドル:
FEI March 2005 調査
(注2) ハイランド・ソフトウェア社:
ハイランド・ソフトウェア社は、1991年に設立された、米国オハイオ州クリーブランドに本拠を置くソフトウェア会社です。設立以来、電子ドキュメント ソリューション分野の業界リーダーとして急成長を遂げ、情報技術セクターにおける有力企業として、世界的に高い評価を得ています。
同社が開発した「OnBase エンタープライズ・ソリューション」は、ドキュメント管理を中心とした統合コンテンツ・マネージメント・システムであり、米国におけるHIPAA(患者に関するデータとプライバシーを定めた米国連邦法)やSarbanes-Oxleyなどのコンプライアンス対策のための企業内情報管理ソリューションとして、5,700社におよぶ豊富な導入実績(2006年4月末時点)がある製品です。
詳細な情報は、下記のWebサイトでご覧いただけます。
http://www.onbase.com
(注3) 
ハイランド・ソフトウェア社の実績による。
(注4) イメージスキャナ「fiシリーズ」:
FUJITSUイメージスキャナ「fiシリーズ」は、世界統一ブランドとして、当社および富士通・富士通グループ各社にて販売しております。

商標

  • 記載されている会社名・商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上


お客様お問い合わせ先

株式会社PFU

マーケティング部

電話: 044-540-4516

報道関係お問合せ先

株式会社PFU

経営企画部

電話: 044-540-4540

E-mail: webmaster@pfu.fujitsu.com

URL: http://www.pfu.fujitsu.com/




※掲載されている情報は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


ページの先頭へ

元のページへ戻る