1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. 名刺ファイリングOCR

賢く活用

販売終了製品

他住所録データの取り込み

既に他の住所録ソフトや名刺管理ソフト、表計算ソフトで住所録データを管理していた場合、名刺ファイリングOCRにこれらのデータを取り込むこと(インポート)ができます。これにより、既にお持ちの住所録データを無駄にしません。
→名刺イメージデータの取り込みはできません。
→他のアプリケーションのデータを取り込むことを 「インポート」 といいます。


インポート可能な形式 >>

  • CSV形式
  • テキスト形式(TAB区切り)
  • vCard形式
  • ContactXML形式

例.ファイルを名刺データベースに取り込む >>

(1)名刺管理画面で、[ファイル]メニューの[インポート]を選択します。


→[フォルダ選択]ダイアログボックスが表示されます。


(2)取り込んだファイルを保存する場所(フォルダ)を選択して、[OK] ボタンをクリックします。
(ここでは、「ABCD」フォルダを選択します。)

→[インポート(ファイルの指定)]ダイアログボックスが表示されます。

(3)取り込むファイルのパス名を指定し、[次へ] ボタンをクリックします。

→[インポート]ダイアログボックスが表示されます。

(4)取り込むファイルの項目と名刺管理の項目を対応付けし、[OK] ボタンをクリックします。


→[インポート] ダイアログボックスで、[ヘルプ] ボタンをクリックすると、項目の対応付けについてのより詳しい説明をご覧になれます。

→設定した項目に従って、指定したデータファイルの内容が名刺データベースに取り込まれます。

読み込まれたデータは、名刺イメージのない名刺データになります。