1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. 情報KIOSK(キオスク)端末 > 
  4. 多機能 電子マネーチャージ機の活用

多機能 電子マネーチャージ機の活用

はじめに

電子マネーは交通系、流通系を中心に決済手段としての地位を確立しました。今後はさらに、地域通貨への活用や銀行口座との連動など、その進化はますます加速するものと予想されます。

また、高齢化などに起因する消費行動の変化が進むにつれ、その役割は非常に大きなものになっていくでしょう。PFUでは、こうした変化にも対応できる電子マネーチャージ機を提供してまいります。

電子マネーの未来を支えるMEDIASTAFF


電子マネーの導入がもたらすもの

電子マネーは、決済方法としての役割だけでなく、販売機会の拡大や顧客の囲い込みに有効な手段です。
また、手持ちの電子マネーで支払うことで特典を得られるということは、利用者のお店選択の動機づけになります。よって、決済手段としての役割だけでなく販売促進ツールとしても有効な手段と言えます。

利用者に充実した電子マネーの利用環境を提供するには、「電子マネーへのチャージ」が手軽にできることが求められます。設置場所やニーズに合わせ、顧客満足度を向上させるPFUの電子マネーチャージ機をご紹介します。


なぜチャージ機を導入するのか

様々なメリットがある電子マネーの導入ですが、一方では店舗、特にレジまわりにおいて、より一層複雑なオペレーションを求められることとなります。なかでもチャージ業務は現金やクレジットカード、銀行口座などチャージ方法が多岐にわたるためチェッカーの入力負担の増加を招きやすくなります。

PFUの多機能電子マネーチャージ機はこうしたチェッカーの負担を軽減するだけでなく、クーポン発券や来店ポイントなどの販促業務もこれ一台でこなすことができます。


電子マネーチャージだけでなく、一台で何役も

こ来店ポイント端末、クーポン発券機など、店舗の販促活動にも大きく貢献します。

お客様を迷わせないガイダンス機能

操作部の発光や音声ガイダンス、大きな画面での容易なタッチ操作など工夫を凝らした設計で、お客様が迷うことなく操作することができます。

日々の業務をアシストする機能

現金カセット(オプション)で簡単に現金の回収/補充ができます。
また、用紙詰まりなどのトラブル発生時に画面上のガイダンスを見ながら復旧することができます。


PFUの電子マネーチャージ機の特長

エルゴノミクス(人間工学)に基づいたユニバーサルデザインを採用

安定稼働をサポート

店舗スタッフ様向けガイダンスや自動電源ON/OFF機能(オプション)で、端末に関わる業務を簡単に行うことができます。

  • 充実のメンテナンスメニューを搭載。店舗スタッフ様の、端末にかかわる業務をサポートします。
  • ON/OFF時間のスケジュール変更や指定日設定のほか、新たな祝祭日追加にも対応します。

充実のサポート&サービス

全国展開しているサービスネットワークがお客様のITシステムを強力にサポートします。

サポートサービス体制

オンサイト拠点 ・・・全国120拠点

対応時間 ・・・・・・24時間365日

コールセンター ・・・2箇所(横浜/石川)

統合運用センター(UMC:Unified Management Center)

マルチベンダー運用/保守など、多彩なサービスを支える中核として24時間365日のコール受付、リモート監視、技術サポート、品質管理などの機能を提供しています。


MEDIASTAFF MCモデル


導入事例:株式会社ゆめカード様

【株式会社ゆめカード様】
電子マネー用現金チャージ機にMEDIASTAFFを採用
クーポン発券機能も搭載し集客アップにも活用

情報KIOSKによる電子マネーの利用促進


まずはカタログで確認

カタログダウンロード

ご質問にわかりやすくお答えします

KIOSKに関するお問い合わせ