1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. 情報KIOSK(キオスク)端末 > 
  4. 情報KIOSK(キオスク)端末とは > 
  5. 変遷とPFUのビジネス

情報KIOSK(キオスク)端末の変遷とPFUのビジネス

  情報KIOSK(キオスク)端末の変遷 PFUのビジネス
1984年 NTT「キャプテン」サービス開始
自治体・公共施設への導入

デジタルデバイドの解消に向けた証明書発行、施設予約、自治体情報の提供

1995年
  • MEDIASTAFF新規発売
  • 病院再来受付システム
  • 地域情報サービス
  • ポイントカードシステム
1996年 病院再来受付

省力化を目的とした無人受付機の普及

  • ラインナップの強化
1997年 コンビニエンスストアの導入

流通業のお客様システムとの連携

FSP(ポイント、金券発行、ゲーム、クーポンなどによるお客様の囲い込み)

  • チケット発券システム
1998年
  • 小型モデル発売
  • コンテンツ販売(店頭広告・音楽販売)
1999年
  • コンテンツ配信端末の開発
2000年 音楽配信端末

2000年頃に登場し、2006年頃から活性化(音楽配信→携帯プレーヤー普及)

  • 某鉄道会社向けKIOSK音楽販売システム
  • コンビニ端末企画支援
2001年 セルフプリント端末

デジタルカメラの普及により登場

新規:電子マネー連携、デジタルサイネージ
2002年
  • 某コンビニ端末向けCPプロモーション(映画券販売、商品券販売、ゲーム販売、チケット販売)
2004年
  • MEDIASTAFF HRモデル発売
  • 2次元バーコード対応、ユニバーサルデザインなど、ユビキタス社会への対応を強化
2005年
  • MEDIASTAFF VCモデル発売
2006年
  • SmartPOT発売
2007年
  • SmartPOTのラインナップ拡充
  • 最新モバイルFeliCa対応非接触ICカード対応
2008年
  • MEDIASTAFF EVモデル、
    MEDIASTAFF STモデル発売
2009年
  • MEDIASTAFF SCモデル発売
2010年
  • SmartPOT-FX 発売
  • MP900 発売
2011年
2012年
2013年
2015年


製品一覧

PFUの情報KIOSK(キオスク)端末はこちらでご覧いただけます。

製品一覧のページへリンク

導入事例

情報KIOSK(キオスク)端末を導入した事例をご紹介いたします。

導入事例のページへリンク