1. ホーム > 
  2. サイバーセキュリティ > 
  3. iNetSec > 
  4. IT機器管理アプライアンス iNetSec Smart Finder > 
  5. 特長

特長

不正接続防止

  • 把握していない持ち込みPC・スマートデバイス(スマートフォン・タブレット)を自動で検知・遮断します。
  • 機器に割り当てたIPアドレス以外でのネットワーク接続を検知・遮断します。

  • お客様の運用ポリシーに応じて、以下の3つのモードから選択できます。
  • 監視モード(情報収集)
ネットワーク上に存在する機器情報を収集し、
機器管理台帳を作成するためのモードです
  • 遮断モード(申請後解除)
未許可端末からの利用申請だけで接続可能です
  • 遮断モード(承認後解除)
未許可端末からの利用申請が管理者に承認されると接続可能です

簡単利用申請

  • 許可していない私物端末からネットワークの利用申請が行えます(注)。
    自動でMACアドレスも検知できるため、面倒なMACアドレス確認の手間もいらず、管理者に負担をかけることなくスムーズに利用申請を承認することができます。
  • Active Directoryと連携して本人確認を行うことでなりすましを防止します。
    これにより、セキュリティレベルが向上し、企業・大学などの私物端末を積極的に活用する環境(BYOD)における承認作業の運用負荷を軽減します。

遮断端末からの利用申請の概要図

(注)Webブラウザ機能を搭載する機器が対象です。ただし全てのブラウザを保証するものではありません。

IT機器の自動把握

  • センサーを対象ネットワークにつなぐだけでネットワークに存在するあらゆるIT機器(PC,プリンター、ルータ/スイッチ、スマートデバイス等)を識別(注)して、まとめて管理することができます。
  • 遊休端末の自動検出(設定により管理台帳から機器情報の自動削除も可能)により、機器管理の精度がUPし、煩わしい機器の棚卸し作業が楽になります。
  • 資産管理ツールと連携し、資産管理ツールのエージェント導入の徹底と、資産管理ツールによる管理対象機器を拡大します。
        資産管理ツールとの連携詳細はこちら

(注)自動識別機能は、全ての機器の識別を保証するものではありません。サポートサービスの機器自動識別辞書更新サービスにより、識別機器が拡充されます。

IT機器種別仕様はこちら




お問い合わせ