1. ホーム > 
  2. サイバーセキュリティ > 
  3. iNetSec > 
  4. 標的型サイバー攻撃の振る舞いを検知 iNetSec Intra Wall > 
  5. 他製品連携

他製品連携

iNetSec Intra Wallは他製品と連携することで、より強固なセキュリティを実現することができます。


「マルウェア感染端末 自動遮断ソリューション」マルウェア感染端末を自動遮断することにより、被害を最小限に封じ込めることが可能です。
「C&Cサーバ通信 自動遮断ソリューション」C&Cサーバ通信を自動遮断することにより、外部への機密情報の流出を防止します。

マルウェア感染端末 自動遮断ソリューション

iNetSec Intra Wall + FireEye NXシリーズ

課題

  • 標的型攻撃の手口の巧妙化により、従来のセキュリティ対策だけでは防ぎきれない
  • 出張先での利用など、社外でマルウェアに感染するリスクが高まっている

ソリューションと導入効果

~ 「入口・出口対策」+「内部対策」の多層防御により強固なセキュリティを実現 ~

  • FireEyeによりゼロデイ攻撃やAPT攻撃など未知の脅威を検知
  • FireEyeが検知した検知したマルウェア情報を基に、iNetSecがマルウェア感染端末を自動遮断し、マルウェアの内部拡散を防止

FireEyeで検知したマルウェア感染端末をiNetSecが自動遮断
  • ※他社製品連携のための連携モジュールは年間利用ライセンスに付随してご利用いただけます。
    ご不明な点がございましたら当社までご確認ください。

C&Cサーバ通信 自動遮断ソリューション

iNetSec Intra Wall + IPCOM EXシリーズ

課題

  • 標的型攻撃の手口はますます巧妙化しており、攻撃されていることに気づけない
  • 情報を外部に送信する際には、通常利用する通信と同じであるため、情報の流出を防げない

ソリューションと導入効果

~ 「入口・出口対策」+「内部対策」の多層防御により強固なセキュリティを実現 ~

  • iNetSecの振る舞い検知・遮断技術により、標的型攻撃によるマルウェア感染を早期に検知
  • iNetSecが検知したマルウェア情報を基に、IPCOMがC&Cサーバへの通信を自動で遮断
    これにより、iNetSec未設置ネットワークにおいても、外部への機密情報の流出を水際で防止

iNetSecで検知したC&Cサーバ通信をIPCOMが自動遮断
  • ※他社製品連携のための連携モジュールは年間利用ライセンスに付随してご利用いただけます。
    ご不明な点がございましたら当社までご確認ください。


  • 文中に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。