1. ホーム > 
  2. サイバーセキュリティ > 
  3. iNetSec > 
  4. 脆弱性対策ならiNetSec Inspection Center > 
  5. 適用モデル

適用モデル

どの端末を認証、検疫対象とするかによって、複数の適用モデルが考えられます。iNetSec Inspection Centerなら、さまざまな端末の利用形態に合わせた幅広い選択が可能です。

社内から 端末レベル エッジモデル
フロアレベル フロアモデル
全社レベル センター保護モデル
社外から リモートアクセス

エッジモデル

認証・検疫が完了するまで、隣の端末とも通信できないセキュリティを実現します

  1. ARP遮断方式

    既存ネットワークアプライアンスを追加導入するだけで容易にエッジレベルのセキュリティ対策を実現します。

  2. IEEE802.1X認証VLAN方式

    IEEE802.1X規格対応のスイッチと連携して、エッジレベルで強固なセキュリティを実現します。
    ※スマートデバイスは未サポート

エッジモデル

フロアモデル

認証・検疫が完了するまで、フロア外の端末と通信できないセキュリティレベルを実現します

  1. 認証ゲートウェイ方式

    既存ネットワークの設計変更や機器の入れ替えをほとんど行わず簡単に導入でき、フロアレベルの柔軟なセキュリティ対策を実現します。

フロアモデル

センター保護モデル

データセンターにアクセスする端末を対象に認証、検疫を実施します

センター保護モデル

リモートアクセス

認証ゲートウェイ方式

VPN装置と認証ゲートウェイ方式を組み合わせることで、社外から社内ネットワークにアクセスする際に認証・検疫を行うセキュリティモデルを実現します

リモートアクセス [認証ゲートウェイ方式]

ご質問にわかりやすくお答えします