1. ホーム > 
  2. セキュリティ > 
  3. 導入事例 > 
  4. 国立大学法人 山形大学様

サイバー攻撃検知・SOC運用効率化アプライアンス
国立大学法人 山形大学様


※ロゴマーク:山形大学様ご提供

※ロゴマーク:山形大学様ご提供

学内のセキュリティ強化にiNetSec MP 2040を活用
標的型サイバー攻撃やインシデント対応の効率化を実現

国立大学法人 山形大学では、情報セキュリティのさらなる強化に向けPFUのサイバー攻撃検知・SOC運用効率化アプライアンス「iNetSec MP 2040」を導入。インシデント発生時の初動対応を迅速に行うことで、キャンパス内の安全・安心確保に役立てている。





セキュリティインシデント発生時の初動対応をいかに効率化するか

山形市・米沢市・鶴岡市の3地区に、4つのキャンパスを有する山形大学。6つの学部と7つの大学院研究科を備える同大学は、東日本でも有数の規模を誇る総合国立大学だ。その同大学において、学内情報基盤の構築・運用を一手に担っているのが情報ネットワークセンターである。同センターでは、先進的なICT環境の実現に向けた様々な取り組みを展開。大学院理工学研究科 兼 情報ネットワークセンター 准教授 伊藤 智博氏は「たとえば、柔軟で安定的なネットワーク環境を提供するために、各キャンパスとNII(国立情報学研究所)が提供する学術情報ネットワーク『SINET』を直結。 バックアップ回線も別途用意し、完全二重化を実現しています。また、極力コストを抑えつつ最大限のサービスを追求することで、教育研究に振り向けるリソースの最大化を図っています」と説明する。

こうした中、大きな課題となっていたのが、情報セキュリティのさらなる強化だ。伊藤氏は「近年では国立大学法人に対しても、セキュリティに対する要請が高まっており、安全・安心な体制を築くことが強く求められています。もちろん本学でも、独自開発のセキュリティ監視システムなどによる対策を行っていますが、マルウェアや不正な通信などが検知された際には解析を行わなければなりません。しかも、最近では、NIIのセキュリティ組織『NII-SOCS』からの警報通知も送られてきますので、対応に非常に手間が掛かってしまう。この初動対応を、なんとか効率化できないものかと感じていました」と語る。


検知能力と使いやすさに優れたiNetSec MP 2040を新たに導入

こうした課題を解決すべく、同センターでは様々なセキュリティ製品の情報収集を実施。そこで目に止まったのが、PFUのサイバー攻撃検知・SOC運用効率化アプライアンス「iNetSec MP 2040(以下、MP2040)」である。

MP2040は、ネットワーク通信の内容から攻撃者の行動となる特徴を抽出・追跡し、脅威をリアルタイム判定する機能を装備。また、攻撃プロセスだけでなく、その後の対処に必要な情報も簡単に確認できるため、セキュリティ運用の大幅な効率化や作業量低減が実現できる。また、スイッチのミラーポートに接続することで設置できるため、既存ネットワーク環境の改修なども不要だ。

伊藤氏はMP2040に着目したポイントを「まず一つ目は、シグネチャーなどを使うことなくふるまい検知によって未知の攻撃を検知できる点です。また、これに加えて、ユーザーインターフェースが非常に分かりやすく整理されている点も高く評価しました。同種の機器の中には多機能を売り物にする製品も見受けられますが、これでは運用コストが逆に嵩んでしまいかねない。何でもできる製品は、結局何もできないということが多いのですね。その点、本学には既に独自開発のセキュリティ監視システムがありますので、これとMP2040を組み合わせることで、インシデント発生時の初動対応に掛かる工数や運用コストを最小限に抑えられるのでは、と感じました」と説明する。

その効果を確かめるべく、同センターではMP2040の実機を用いたPoC(概念実証)を実施。既存セキュリティ監視システムとの連携が期待通りに行えること、米沢キャンパスに設置したMP2040で全キャンパスの通信を一元的に監視できることなどをしっかりと検証で確認した。ここでは富士通とPFUの支援も大いに活用されている。

さらに、もう一つ大きな決め手となったのが、導入コストのリーズナブルさだ。4キャンパス分のトラフィックの総量は約2.5Gbpsに上るが、これに対応できるだけの性能を備えたIPS/IDS装置などを導入するとなると、膨大な費用が掛かってしまう。その点、MP2040なら、多大なコスト負担を抱え込む心配もない。その結果MP2040の採用が決定した。



4つのキャンパスを1台で監視 脅威のレベルに応じた対処が可能に

今回導入されたMP2040は、2018年秋より本番稼働を開始。オプションの「Webレピュテーション機能」も利用されている。システム構築面の工夫としては、先にも触れた通り米沢キャンパスに設置した1台のMP2040で、全キャンパスの通信を監視している点が挙げられる。まさに同センターが掲げる「最小限の投資で最大限のサービス」を具現化した格好だ。

「工学部がある米沢キャンパスの通信量が一番多いので、ここに他キャンパスのミラーパケットを転送して一元監視するのが最も効率的と考えました。各キャンパスに個別に機器を置かなくとも済むのは非常にありがたかったですね。MP2040の情報については、山形/飯田/鶴岡キャンパスの情報ネットワークセンターでも見られるようにしていますので、それぞれの実情に合わせて活用してもらっています」と伊藤氏は語る。


国立大学法人 山形大学
大学院理工学研究科 兼
情報ネットワークセンター 准教授
伊藤 智博 氏

国立大学法人 山形大学
大学院理工学研究科 兼
情報ネットワークセンター 准教授
伊藤 智博 氏

最大の懸案であったセキュリティ運用の効率化についても、大きな改善効果が期待されているとのこと。「インシデントが確認された場合には、まず本学のセキュリティ監視システムで該当IPアドレスの特定を行いますが、その後の対応が格段に効率化できると考えています。該当IPアドレスの時系列情報をMP2040のタイムライン画面でチェックすれば、ログ解析などの対処が即座に必要な状況なのか、それともそうでないのかといったことをスピーディに判断できます。全ての通知に対して毎回最高レベルの対応を行ったのでは運用側も疲弊してしまいますが、状況が正確に掴めればそうした負担も減らせます」と伊藤氏は語る。

同様にNII-SOCSからの通知に対しても、MP2040の情報と突き合わせることで、脅威のレベルに応じた対処が可能になる。従来は通知を受けて対応を行ったものの、結局マルウェア感染や不正ダウンロードの痕跡などが見つからないケースも多かった。こうしたものについても、今後はMP2040で脅威が検知されなければ、緊急対応の必要性は薄いと判断できる。

加えて、もう一つ見逃せないのが、MP2040を学生へのセキュリティ教育にも活用している点だ。「MP2040が収集した情報は、まさに本学で今起きている生のセキュリティ教材とも言えます。これを元に改善に向けた議論などを行うことで、今後のセキュリティ人材の育成にも役立てていければ」と伊藤氏は語る。

同センターでは今回導入したMP2040を、学内の安全・安心確保やセキュリティ運用の効率化に役立てていく考えだ。「AI技術の活用など、今後のMP2040の進化にも大いに期待しています」と伊藤氏は述べた。

お客様概要

名称 国立大学法人 山形大学
所在地 山形県米沢市城南4-3-16
(米沢キャンパス)
開学 1949年5月
学部・学科 6学部7大学院研究科
公式HP https://www.yamagata-u.ac.jp/
大学概要 約1万人の学生が学ぶ総合大学。2017年度からは、基盤共通教育と基盤専門教育を連動させた3年一貫の基盤教育プログラムをスタート。幅広い教養教育と学習技能・知識・能力の習得、並びに社会で力強く生きるための「人間力」の育成を目指している。

旧米沢高等学校本館
(現:工学部資料館)
※画像:山形大学様ご提供

標的型サイバー攻撃への対応とSOC運用の効率化に貢献



情報セキュリティの確保は全ての企業・団体にとって共通の課題ですが、その運用に多くの負担を強いられるケースも少なくありません。PFUの「iNetSec MP 2040」は、「攻撃者行動遷移モデル」を用いて、攻撃者の行動プロセスを時系列で見える化。攻撃の全容を的確に把握することで、迅速かつ効率的なセキュリティ運用を実現します。


「サイバー攻撃検知・SOC運用効率化 iNetSec MP 2040」のご紹介はこちら
https://www.pfu.fujitsu.com/inetsec/products/mp/

事例カタログダウンロード

iNetSec MPに関するお問い合わせ