1. ホーム > 
  2. サイバーセキュリティ > 
  3. 導入事例 > 
  4. 一般財団法人 四国電気保安協会様

セキュリティソリューション
一般財団法人 四国電気保安協会様

iNetSec Smart Finderを全拠点に導入
不正端末の接続防止と運用効率化を実現

電気の安全で効率的な利活用に貢献する事業を展開する一般財団法人 四国電気保安協会では、ITインフラのセキュリティ強化を実施した。不正な機器によるネットワーク利用を防止することで、事業の安心・安全を確保するのが狙いである。新システムには、PFUのIT機器管理アプライアンス「iNetSec Smart Finder」を採用。使用が許可されていないクライアントやデバイスの接続防止を実現すると同時に、IT機器の見える化やセキュリティ運用の効率化にも役立てている。




セキュリティの強化に取り組む

香川県・高松市に本部を置く四国電気保安協会は、電気の適切・安全な利用とエネルギーの合理的使用促進を通して、地域社会の発展と公共福祉の増進に寄与することを目的に設立された非営利法人である。

四国電気保安協会 企画部 企画グループ 課長 中條 雅宣氏は「『確かな技術とまごころで、電気を安全・安心、効率的にお使いいただく地域社会の実現に貢献します』をミッションとして掲げる当協会では、ビル・工場等に設置された自家用電気工作物の保安管理業務、一般ご家庭向けの電気安全調査、地域の皆様への電気安全広報などの事業を展開。長年培ってきた組織力、技術力と経験、実績を活かし、地域から信頼される電気のホームドクターを目指しています」と語る。

その同協会において、IT部門の役割を果たしているのが企画部 企画グループだ。四国電気保安協会 企画部 企画グループ 主事 中村 道代氏は「企画部全体としては一般企業における経営企画部門的な役割を担っていますが、各種業務システムの構築・運用も重要な業務の一つ。現在では当協会の業務もIT抜きには考えられなくなっていますので、企画グループが中心となって最適なIT環境作りに取り組んでいます」と説明する。

一般財団法人 四国電気保安協会
企画部 企画グループ 課長
中條 雅宣氏

一般財団法人 四国電気保安協会
企画部 企画グループ 主事
中村 道代氏

そうした中で大きな課題となっていたのが、情報セキュリティのさらなる強化である。「当協会の事業は、お客さま情報(個人情報)を多く扱うことから情報の取り扱いには、日頃から注意を払っていますが、昨今、他社において個人情報漏洩が多発している。我々としても情報漏洩は経済損失だけではなく、協会の信頼やブランドイメージにまで影響が及ぶことから、情報セキュリティのさらなる向上を目指そうと考えました」と中條氏は語る。


iNetSec Smart Finderで不正機器の接続を防止

元々同協会では、これまでも様々な形で情報セキュリティの強化に取り組んできた。四国電気保安協会 企画部 企画グループ 副長 三好 孝仁氏は「クライアントPCのウイルス対策はもちろん、外部へデータを持ち出す際の暗号化、ActiveDirectoryによるアクセス権限管理、Web閲覧時のフィルタリングなど、必要と思われる対策については一通り実施してきました」と説明する。

セキュリティ対策では利便性との両立がしばしば問題となるが、同協会ではこの点にも十分に配慮し、業務システムごとに異なるID/パスワードを採用していることによる不便さを解消するために、指紋認証システムも導入している。

しかし、ここで唯一の懸案となっていたのが、ネットワークへの不正機器接続対策であった。中條氏は「以前はDHCPによるIPアドレス自動割当でクライアントを接続していたため、たまたま職場に持ち込まれたPCなどもそのままつながってしまうという問題がありました。最近ではスマホやタブレットの普及も進んでいますので、今後は管理者側が予期していないような端末が接続されることも想定されます。これではたとえユーザー側に悪意がなくとも、セキュリティ・インシデントにつながってしまう可能性がありますから、許可していない端末の接続を確実に防止できる仕組みを作ろうと考えました」と語る。

こうした課題を解消すべく新たに導入されたのが、PFUのIT機器管理アプライアンス「iNetSec Smart Finder」(以下、Smart Finder)である。Smart Finderは、ネットワークへのデバイス接続を常に監視・検知し、管理者側で許可していない機器が発見された場合は接続を遮断する機能を提供する。これにより、不正な持ち込み端末などによるネットワーク利用を未然に防ぐことが可能だ。

「当協会では四国全域に32ヶ所の拠点を展開していますので、機器の管理や運用に手間が掛かるような製品では困ります。その点、アプライアンス製品であるSmart Finderなら、少人数でも安全かつ効率的な運用が可能。また、サポート体制も決め手となりました」と中條氏は語る。また、もう一つのポイントは、市販の資産管理ツールとの連携が可能である点だ。三好氏は「当協会ではエムオーテックス社の『LanScope Cat』を導入していますが、Smart Finderはこの製品との連携にも対応。両者を組み合わせれば、機器管理や未許可機器の洗い出しなどが容易に行える点も高く評価しました」と続ける。


広域に展開する拠点を一元管理 IT機器の見える化も実現

現在では本部を含む全拠点にSmart Finderを導入。あらかじめ登録された機器以外のネットワーク利用は行えないようになり、懸案であったセキュリティの向上を無事果たすことができた。

導入・設置作業もスムーズに進んだとのこと。三好氏は「まず資産管理ツールの機器情報を取り込んだ上で、Smart Finderの稼動を開始。後はSmart Finderがネットワークに接続されている機器の情報を自動収集してくれるため、まったく手を掛けることなくIT機器の見える化が実現できました。プリンタ、ルータといった資産管理ツールに登録されていない機器の自動識別も行ってくれるので、非常に助かりましたね」と満足げに語る。

使い勝手に対する評価も高い。四国電気保安協会 企画部 企画グループ 虎 卓也氏は「普段はSmart Finderの存在を全く意識しないで済むのが便利ですね。何らかの異常を検知した際にはメールで通知されますから、特に管理者側で監視などを行う必要もありません。一度、システムのリカバリを行ったPCが未許可端末と認識されて接続が遮断されたことがあったのですが、その時にあらためてSmart Finderのことを思い出したほどです」とにこやかに語る。

一般財団法人 四国電気保安協会
企画部 企画グループ 副長
三好 孝仁氏

一般財団法人 四国電気保安協会
企画部 企画グループ 主事
虎 卓也氏

Smart Finderは相互監視も行うため、もしどこかの拠点で障害などが発生した場合は、別の拠点のSmart Finderが速やかに検知。このため、遠隔地拠点への駆け付け対応が困難な同協会のようなケースでも、効率的に運用を行うことが可能だ。

Smart Finderのその他の機能にも、高い関心が寄せられている。「プリンタの印刷量や機器の電力使用量を把握する機能なども備わっていますので、今後はこうした機能も利用していきたい。また、検疫システムへの発展も容易と聞いていますから、こちらについても前向きに検討していきたいですね」と抱負を語る中條氏。Smart Finderが活躍する場面も、ますます増えていくことになりそうである。


お客様概要

名称 一般財団法人 四国電気保安協会
本部 香川県高松市福岡町3-31-15
設立 1965年12月17日
URL http://www.sdh.or.jp/
事業概要 財団法人四国電気保安協会として1965年に設立。2008年施行の公益法人制度改革関連3法に基づき、2012年4月より一般財団法人に移行。ビル・工場等向けの総合保安サービス、一般家庭向け電気安全調査、地域への電気安全広報などの事業を手がける。

「IT機器管理アプライアンス iNetSec Smart Finder」のご紹介はこちら
http://www.pfu.fujitsu.com/inetsec/products/sf/