1. ホーム > 
  2. サイバーセキュリティ > 
  3. 導入事例 > 
  4. 白山市立松任図書館様

IT機器管理アプライアンス iNetSec Smart Finder
白山市立松任図書館様

図書館ネットワークの利用申請をシステム化
持込パソコンの把握・統制を実現するiNetSec Smart Finder

白山市立松任図書館様は、図書館内ネットワークにおける持込パソコンの利用申請・承認システムを「iNetSec Smart Finder」により構築。持込パソコンの完全把握・統制を実現し、図書館利用者に限定したネットワーク環境を構築することに成功。図書館利用者への充実したネットワーク利用環境の提供とセキュリティ確保の両立を運用負担なく実現。




白山市立松任図書館様について

地域の情報拠点として、市民の多様なニーズを受け入れ、きめ細かなサービスを実施するなかで、市民に親しまれ役立つ図書館を目指している。

平成20年2月には、松任館・美川館・鶴来館・同本町分館・かわち館及び移動図書館の図書館情報システムを統合し、限られた資料の有効活用と一括管理による運営の効率化を図ると共に、市内外の公共図書館などとの図書館相互の連携を密にし、情報化社会に対応した図書サービスの拡充に努めている。

また、遠隔地への図書サービスの向上を目的として平成18年7月から運行開始した移動図書館は、地域の子どもたちにも大変親しまれており、システム統合により一層利便性も増しましたが、地域との連携を密にし、更に利用しやすいよう努めている。


図書館のサービス拡充に向けて

白山市立松任図書館様では、図書館利用者が自由に利用できるインターネットコーナーを開設し、図書館利用者へのサービス拡充を図っていた。また、個人パソコンの利用が高まる中、持込パソコンの利用環境の提供にも積極的に取り組んでいた。

しかし、限られた人員の中で、いつ誰が持込パソコンを利用しているのか利用状況を把握しておかなければ、セキュリティトラブルが発生した時の対応に遅れが生じ、他の利用者に影響を及ぼす。そうなると、利用者の利便性向上を目的としたサービスも、まったく相反する結果となる恐れがあると考えていた。

このような考えのもと、持込パソコンの統制については、万一のセキュリティトラブル発生時の際に証跡の確認も取れ、かつ、図書館利用者へ負担をかけずに導入できる製品を探していた。


持込パソコンから行えるネットワーク利用申請機能が決め手に


図書サービス課 澤田様

これら課題に対し、既存ネットワーク構成を変更せず導入可能な不正接続検知・遮断システムの導入検討が進められ、iNetSec Smart Finderを採用した。

iNetSec Smart Finderを採用した理由として、利用者の持込パソコンからネットワークの利用申請を行うことができ、申請・承認フローをシステム化できることが選定ポイントとなった。

「ネットワークの利用申請がその端末からできるのが非常に良い」と澤田氏。

Before

  1. 利用者

    (1) 受付で図書館利用券を提示し、持込パソコンの利用を申し込む。

  2. 受付

    (2) 持込パソコンのネットワーク利用を承認。システムで統制しているわけではないため、申請を行わずに利用される可能性があった。

After

  1. 利用者

    (1) iNetSec Smart Finderが表示する利用申請画面で図書館利用券の番号を登録。

    (2) 受付で図書館利用券を提示し、持込パソコンの利用を申し込む。

  2. 受付

    (3) 図書館利用券の番号と、予めiNetSec Smart Finderへ申請のあった内容を確認し、ブラウザベースの管理画面から接続を許可。

利用者にとって、iNetSec Smart Finderが表示する利用申請画面からの申請フローは増えたが、ブラウザを起動するだけで利用申請が行える簡単な操作性であるため、導入後もトラブルなく運用できている。

「セキュリティ維持」と「運用手順の遵守徹底」

iNetSec Smart Finderの導入により、持込パソコンのネットワーク接続を全て把握し、未許可の持込パソコンはネットワークに接続できない運用を実現した。また、ネットワーク利用申請をシステム化することで、運用手順の遵守も徹底できている。

「ブラウザを起動するだけで利用申請が行えるので、スムーズに運用にはいることができた。また、許可されるまではネットワークを利用することができないので、不正接続機能の効果も実感している」と澤田氏。


スマートデバイス利用環境への対応


図書サービス課 課長補佐 山崎様

スマートフォンやタブレットなどスマートデバイスの普及に伴い、図書館でもスマートデバイスを持ち込む利用者が増えていることに注目。

「タブレットによる電子書籍利用の流れもあるので、ネットワークの無線化も視野に入れたい。iNetSec Smart Finderは、スマートデバイスからも利用申請が可能なので、持込パソコンと同様な運用を行っていきたい」と山崎氏は語る。


図書館概要

名称 白山市立松任図書館
所在地 石川県白山市古城町1番地
創立 平成14年10月開設
職員数 23名(平成24年4月現在)
URL http://lib.city.hakusan.ishikawa.jp/index.html
所蔵点数 約306,000点(平成24年3月31日現在)

「IT機器管理アプライアンス iNetSec Smart Finder」のご紹介はこちら
http://www.pfu.fujitsu.com/inetsec/products/sf/