1.  > 
  2.  > 
  3.  > 
  4.  > 
  5.  > 
  6. プライバシーセパレーター機能

仕事やくらしがもっと便利になる。 ScanSnap Cloud サービス開始!

無線アクセスポイントのプライバシーセパレーター機能は無効に

無線アクセスポイントのプライバシーセパレーター機能を無効にしてください。有効の場合、セットアップできません。
無効にできない場合はコンピュータとUSBケーブルで接続してセットアップしてください。

無線アクセスポイントの設定確認・変更方法は、Webブラウザまたは専用のソフトウェアなどをご利用ください。
詳細は、ご使用の無線アクセスポイントのマニュアルまたはWebサイトを参照するか、メーカーにお問い合わせください。

  • Webブラウザでの設定変更例
    プライバシーセパレーター機能設定変更

プライバシーセパレーター機能とは、セキュリティを高めるために、モバイルルータ経由で無線機器同士が通信することを禁止する機能です。
メーカーによって「ネットワーク分離機能」など名称が異なります


プライバシーセパレーター機能有効プライバシーセパレーター機能無効

  • モバイルルータによっては、本機能を無効にできないものがあります。

プライバシーセパレーター機能の名称一覧

  • SSIDセパレータ
  • SSID内分離
  • APアイソレーション
  • クライアントアイソレーション
  • 無線LAN隔離機能
  • AP隔離

初期値でプライバシーセパレーター機能が有効になっているモバイルルータ例

  • EMOBILE:Pocket WiFi シリーズ
  • SoftBank:Pocket WiFi シリーズ
  • Y!mobile:Pocket WiFi シリーズ
  • Docomo:モバイルWi-Fi ルータ HW シリーズ
  • WiMax:WMX シリーズ
  • 各シリーズ中でも該当しない機種があります。
  • Logitec:LAN-W300N/Rsx シリーズ は、プライバシーセパレーター機能を無効にすることができません。