1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. イメージスキャナ > 
  4. 新製品のご紹介(特長)

新製品のご紹介 (特長)

ネットワークスキャナの新ブランド「iScanner」誕生!
「iScanner fi-6010N」新発売

業務用スキャナ fiシリーズの新製品(iScanner fi-6010N)をご紹介!

さまざまなシステム連携にも対応したネットワークスキャナ「iScanner fi-6010N」をご紹介します。

簡単設定・簡単管理

本装置の環境設定や管理を「タッチパネル」やパソコンにインストールしたfi Network Scanner Admin Tool または、iScanner Central Admin Console から簡単に行えます。


fi Network Scanner Admin Tool(ネットワーク経由で複数台まとめて設定)、iScanner Central Admin Console(ネットワーク経由で1台ずつ設定)、タッチパネル(1台ずつ設定)


大量導入・効率的な運用を実現する「集中管理機能」を搭載

複数台のスキャナ導入・運用を簡単に一括管理する「集中管理機能」を搭載

  • 一括アップデート
    装置ごとの設定が不要、大量導入や追加導入後も簡単にアップデート作業が可能
1回の操作で一括アップデート
  • スキャナ監視
    消耗品の交換時期もリアルタイムに監視が可能
一括自動監視
  • ユーザーごとの設定共有
    ユーザーのスキャン設定やメールアドレス台帳をスキャナ間で共有可能
どの装置でも設定を引き継ぎ可能

「オフィス機能」の連続操作を可能とする「ジョブ機能」を搭載

一連のオフィス機能を簡単・確実に実行、登録先をあらかじめ指定できるため誤送信を防止


一連のオフィス機能を組み合わせて登録することが可能!



「オフィス機能」(メール送信/印刷/Fax送信/ファイル保存)を業務処理ごとに連続操作することを可能とする「ジョブ機能」を搭載


利用者権限に応じた「オフィス機能」の利用条件や動作条件を一元管理!

⇒「集中管理機能」を使って利用者権限に応じた「オフィス機能」の利用条件や動作条件の一元管理を実現。誤操作や誤配信の防止が行え、業務の信頼性向上が図れます。



データ転送の暗号化によるセキュリティ機能を強化

データ暗号化技術によるファイル転送「FTPS(注1)」をサポート。更に、認証データを暗号化する「LDAPS(注2)」をサポート。

サーバとのやりとりも暗号化で、セキュリティを強化

LDAPSをサポート

暗号化転送によるデータ送信時のセキュリティ強化

FTPSをサポート

(注1) FTPS: File Transfer Protocol over SSL/TLSの略。情報を暗号化してデータを転送する技術
(注2) LDAPS: Lightweight Directory Access Protocol over SSL/TLSの略。ディレクトリデータベースへアクセスするための暗号化されたプロトコル技術


さまざまな業務に対応

アプリケーション組み込み機能を搭載した"スキャナ付業務クライアント"の提供

高機能なアプリケーション開発環境であるマイクロソフト社製最新の「MicrosoftR.NET Framework 3.5」に対応した「fi-6010N SDK」(開発キット)をご用意


SDK組み込みにより、ボタンを追加したり、キーワード入力の設定したりすることが可能!

⇒ お客様の業務クライアントアプリケーションの開発・組み込みを強力に支援します。


詳細につきましては、以下の窓口までお問い合わせください。

窓口 株式会社PFU  イメージビジネス営業統括部
Tel 044-540-4538
E-mail scanners@pfu.fujitsu.com
営業時間 9時~12時、13時~17時30分
(土曜日/日曜日/祝祭日/年末年始/当社休業日を除く)