1. ホーム  > 
  2. 製品  > 
  3. DynaEyeシリーズ  > 
  4. DynaEye 本人確認カメラOCR  > 
  5. 活用シーン

本人確認業務に時間や
コストが掛かっていませんか?

運転免許証や、マイナンバーカード在留カードなどの本人確認書類の処理は、窓口業務担当者の作業効率低下の要因となるでけではなく、お客様にとっても待ち時間や入力の手間が掛かっています。

運転免許証や、マイナンバーカード、在留カードなどの本人確認書類の処理には時間が掛かっています。

タブレット端末のカメラを使って本人確認書類をOCR処理

タブレット端末を利用して、カメラで撮影した本人確認書類にOCR(Optical Character Recognition)処理を行い、出力される文字データを業務システムと連携させることで、問題を解決することが可能です。

タブレット端末のカメラを使って本人確認書類をOCR処理することで問題を解決することが可能です。

導入効果

1お客様の待ち時間のストレスを軽減

タブレット端末の活用により、窓口カウンターで対応していた申込窓口業務が、待合コーナーで対応可能。

(活用シーン)

  • 医療保険の加入手続きや通信業者の契約申請
  • 金融機関における口座開設業務(犯罪収益移転防止法)
  • クレジットカードやポイントカードの申込窓口業務
  • レンタル業などにおける各種会員登録やレンタカー申込窓口業務
タブレット端末のカメラを使用したOCR処理の導入前は、窓口カウンターでしか対応ができない

対応できるお客様の人数が、窓口カウンターの数で決まっていた

タブレット端末のカメラを使用したOCR処理の導入後は、待合コーナーでの対応も可能に

タブレット端末を活かし、待合コーナーのフロアスタッフによる対応が可能に。窓口カウンターの待ち時間を短縮し、お客様サービス向上へ


2本人確認業務をセキュアに実現し、窓口業務を効率化

タブレット端末の活用により、カード申込時のお客様の入力作業を軽減、手続き時間の短縮を実現。
さらに、タブレット端末内にデータを残さないシステム構築が可能。

(活用シーン)

  • 医療保険の加入手続きや通信業者の契約申請
  • 金融機関における口座開設業務(犯罪収益移転防止法)
  • クレジットカードやポイントカードの申込窓口業務
  • レンタル業などにおける各種会員登録やレンタカー申込窓口業務
タブレット端末のカメラを使用したOCR処理の導入前は、手書きでの入力作業が多く手続きに時間が掛かる

申込用紙を手書きで記入、運転免許証の控えをとる等、時間が必要

タブレット端末のカメラを使用したOCR処理の導入後は、入力作業を軽減し短時間でサービスが利用可能に

タブレット端末を活用することで、入力作業の軽減や手続き作業時間の短縮によるお客様サービスを向上

お問い合わせ

購入/導入をご検討されているお客様につきましては、ご質問/お見積/システム導入のご相談など、何なりとお承りします。
「お問い合わせフォーム」より、お気軽にお問い合わせください。

  • (注意)製品購入後の技術的なお問い合わせにはサポートパッケージのご購入をご検討くださいますようお願いいたします。