1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. Happy Hacking Keyboard

けん盤配列にも大いなる関心を
Please Pay Your Attention to the Keyboard Layout

東京大学工学部教授
和田 英一 Eiiti Wada授

PFU Technical Review
Vol.3,No.1(Feb.1992)
pp.1 - 15

参考文献

6. 仮名文字

国内でこのキーボードを利用してもらうためには仮名文字もいれておかなければならないであろう. 筆者はローマ字で入力する派だから,ASCII キーボードだけあれば満足している. 仮名をいれるには現在普通に使われているJIS X 6002に準拠するかJIS X 6004を採用するか議論のあるところだが, JIS X 6004の方は上に述べたように図形文字部分が同じなので入れるのは簡単だ.

JIS X 6002 の配置は最下段に図形文字キーが11あり, Shiftが遠くなっている. この片仮名の「ロ」が設計者を苦しめているらしい. Dynabookでは「ロ」は右のShiftと兼用になっている. 本稿の案ではJISX 6002で「ヲ」が仮名記号の方にあるのだから「ロ」だってということで JIS B 9509で「ヲ」が「ケ」の上段にあったのを思いだしそこに置いてみた. JIS B 9509では「ヌ」も「ム」も他のキーの上段につつましく隠れていたが JIS X 6002 ではキーの数が増えたので一人前になっていたのである. それをこの際住宅難ということで「ロ」に元に戻ってもらった. この配置を図 15に示す.

カナキーボード

図-15 カナキーボード
Fig.15-katakana Keyboard