1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. Happy Hacking Keyboard

Happy Hacking Keyboardをご購入の前に

このページはHappy Hacking Keyboardのご購入にさいして、技術的に注意いただきたい事柄です。
さらに詳しい情報は、サポートのページに説明がありますので、あわせてご参照ください。



Happy Hacking Keyboard Professional JP / Type-S

  1. 本製品は、一般事務用、パーソナル用、家庭用、通常の産業用等の一般的用途を想定して設計・製造されているものであり、原子力施設における核反応制御、航空機自動飛行制御、航空交通管制、大量輸送システム発射制御など、きわめて高度な安全性が要求され、仮に当該安全性が確保されない場合、直接生命・身体に対する重大な危険性を伴う用途(以下「ハイセイフティ」という)に使用されるよう設計・製造されたものではございません。お客様は、当該ハイセイフティ用途に要する安全性を確保する措置を施すことなく、本製品を使用しないでください。
  2. 本製品は、情報処理製品等電波障害自主規制協会(VCCI)の基準に基づくクラスB情報技術製品です。この製品は、家庭環境で使用することを目的としていますが、この製品がラジオやテレビジョン受信機に近接されて使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。取扱説明書に従って正しい取り扱いをしてください。
  3. 本製品は、「外国為替及び外国貿易法」の規定により戦略物資等輸出規制製品に該当する場合があります。国外に持ち出す場合には、日本国政府の輸出許可申請などの手続きが必要になる場合があります。
  4. 本製品は、周囲温度の5~35℃の環境を守ってご利用ください。また、風呂場、シャワー室などの水場ならびに結露するような場所ではご使用にならないでください。故障・火災・感電の原因となります。
  5. 本製品を分解しないでください。故障の原因になります。
  6. 本製品に付属のケーブル以外はご使用にならないでください。
  7. 本製品を破棄する場合には、各地方公共団体の規制に従ってください。
    材質:ケース(ABS)、キー(PBT)
  8. 本キーボードは、KVMスイッチ(CPU切替器)経由での接続動作は保証しておりません。
    パソコン本体に直接接続してご使用ください。

Happy Hacking Keyboard Professional2 / Type-S

  1. 本製品は、一般事務用、パーソナル用、家庭用、通常の産業用等の一般的用途を想定して設計・製造されているものであり、原子力施設における核反応制御、航空機自動飛行制御、航空交通管制、大量輸送システムにおける運行制御、生命維持のための医療器具、兵器システムにおけるミサイル発射制御など、極めて高度な安全性が要求され、仮に当該安全性が確保されない場合、直接生命・身体に対する重大な危険性を伴う用途( 以下「ハイセイフティ用途」という) に使用されるよう設計・製造されたものではございません。お客様は、当該ハイセイフティ用途に要する安全性を確保する措置を施すことなく、本製品を使用しないでください。
  2. 本製品は、情報処理製品等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラスB情報技術製品です。この製品は、家庭環境で使用することを目的としていますが、この製品がラジオやテレビジョン受信機に近接されて使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。取扱説明書に従って正しい取り扱いをしてください。
  3. 本製品は、「外国為替及び外国貿易法」の規定により戦略物質等輸出規制製品に該当する場合があります。
    国外に持ち出す場合には、日本国政府の輸出許可申請などの手続きが必要になる場合があります。
  4. 本キーボードには、USB接続ケーブル(ケーブル長 1.8m)が添付されておりますので、別途ケーブルをお買い求めいただく必要はありません。
  5. 本キーボードは、USB HUBを内蔵しているため、バスパワード型USB HUBには接続できません。
  6. 本キーボードのUSB HUBポートから供給できる電流は、各ポートにつき100mAまでです。
  7. 上記制限により、本キーボードのUSB HUBポートには、HUBを内蔵したテンキーなどは接続できません。
  8. 本キーボードは、Sun Blade100/1000等のSun Microsystems社製ワークステーションではご使用いただけません。
  9. 本キーボードは、USB HID規格に準拠したキーボードです。配列は、PC,Macの標準的なキーボードと互換を持っておりますが、一部のキーをサポートしていません。アプリケーションによっては、これらのサポートされていないキーが必要となる場合があり、その場合は本キーボードではそのアプリケーションはお使いになれない場合があります。
  10. 本キーボードは、KVMスイッチ(CPU切替器)経由での接続動作は保証しておりません。
    パソコン本体に直接接続してご使用ください。
接続機種
(設定モード)
互換キーボード サポートしていないキー
PC(HHKモード) 101 keyboard CapsLock、右Control、テンキー
PC(Lite拡張モード) 104 keyboard 右Control、Menu、テンキー(+,-,*,/を除く)
Mac(Macintoshモード) Extended keyboard II 右Control、テンキー(Clear, Enter,+,-,*,/を除く)

※モード切替スイッチにより設定モードを選択してください。

Happy Hacking Keyboard Lite 2 USBモデル

  1. 本製品は、生命維持のための医療機器用、海底中継器用、航空宇宙用、原子力制御用など極めて高い信頼性が要求される機器への使用を目的としていません。これらの用途にご使用をお考えの場合は事前にご連絡ください。
  2. 本キーボードのケーブルはキーボード本体より2mのものが直接出ておりますので、別途ケーブルをお買い求めいただく必要はありません。
  3. 本キーボードは、USB HUBを内蔵しているため、バスパワード型USB HUBには接続できません。
  4. 本キーボードは、Sun Blade100/1000等のSun Microsystems社製ワークステーションではご使用いただけません。
  5. 本キーボードのUSB HUBポートから供給できる電流は、各ポートにつき100mAまでです。
  6. 上記制限により、本キーボードのUSB HUBポートには、HUBを内蔵したテンキーなどは接続できません。
  7. 本キーボードは、USB HID規格に準拠したキーボードです。配列は標準的なPC用キーボードと互換を持っておりますが、一部のキーをサポートしていません。アプリケーションによっては、これらのサポートされていないキーが必要となる場合があり、その場合は本キーボードではそのアプリケーションはお使いになれない場合があります。
  8. 本キーボードは、KVMスイッチ(CPU切替器)経由での接続動作は保証しておりません。
    パソコン本体に直接接続してご使用ください。
配列 互換キーボード サポートしていないキー 備考
US配列 104 keyboard 右Control, Menu, テンキー  
JIS配列 OADG 109A keyboard 右Control, Menu, テンキー Windowsキーは、Fnを押しながら半角/全角 漢字キー、またはカタカナ ひらがな ローマ字キーを打鍵します。

Happy Hacking Keyboard Lite 2 for Mac

  1. 本製品は、生命維持のための医療機器用、海底中継器用、航空宇宙用、原子力制御用など極めて高い信頼性が要求される機器への使用を目的としていません。これらの用途にご使用をお考えの場合は事前にご連絡ください。
  2. 本キーボードのケーブルはキーボード本体より2mのものが直接出ておりますので、別途ケーブルをお買い求めいただく必要はありません。
  3. 本キーボードは、USB HUBを内蔵しているため、バスパワード型USB HUBには接続できません。
  4. 本キーボードは添付の「Mac ドライバ」を適用していただくことによりUSBインターフェースを持つMacintoshでご使用可能となります。
    ただし、サードパーティ製USBインターフェースカードをご利用してのご使用は出来ませんのでご注意ください。
  5. 本キーボードのUSB HUBポートから供給できる電流は、各ポートにつき100mAまでです。
  6. 上記制限により、本キーボードのUSB HUBポートには、HUBを内蔵したテンキーなどは接続できません。
  7. 本キーボードは、USB HID規格に準拠したキーボードです。配列は標準的なPC用キーボードと互換を持っておりますが、一部のキーをサポートしていません。アプリケーションによっては、これらのサポートされていないキーが必要となる場合があり、その場合は本キーボードではそのアプリケーションはお使いになれない場合があります。
  8. 本キーボードは、KVMスイッチ(CPU切替器)経由での接続動作は保証しておりません。
    パソコン本体に直接接続してご使用ください。
配列 互換キーボード サポートしていないキー 備考
US配列 104 keyboard 右Control, Menu, テンキー  
JIS配列 OADG 109A keyboard 右Control, Menu, テンキー Commandキーは、Macドライバをインストールいただくことでご使用可能となります。

販売終了製品

Happy Hacking Keyboard Professional

  1. 本製品は、一般事務用、パーソナル用、家庭用、通常の産業用等の一般的用途を想定して設計・製造されているものであり、原子力施設における核反応制御、航空機自動飛行制御、航空交通管制、大量輸送システムにおける運行制御、生命維持のための医療器具、兵器システムにおけるミサイル発射制御など、極めて高度な安全性が要求され、仮に当該安全性が確保されない場合、直接生命・身体に対する重大な危険性を伴う用途( 以下「ハイセイフティ用途」という) に使用されるよう設計・製造されたものではございません。お客様は、当該ハイセイフティ用途に要する安全性を確保する措置を施すことなく、本製品を使用しないでください。
  2. 本製品は、情報処理製品等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラスB情報技術製品です。この製品は、家庭環境で使用することを目的としていますが、この製品がラジオやテレビジョン受信機に近接されて使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。取扱説明書に従って正しい取り扱いをしてください。
  3. 本製品は、「外国為替及び外国貿易法」の規定により戦略物質等輸出規制製品に該当する場合があります。
    国外に持ち出す場合には、日本国政府の輸出許可申請などの手続きが必要になる場合があります。
  4. 本キーボードには、USB接続ケーブル(ケーブル長 1.8m)が添付されておりますので、別途ケーブルをお買い求めいただく必要はありません。
  5. 本キーボードは、USB HUB を備えておりません。
  6. 本キーボードは、Sun Blade100/1000等のSun Microsystems社製ワークステーションではご使用いただけません。
  7. 本キーボードは、USB HID規格に準拠したキーボードです。配列は、PC,Macの標準的なキーボードと互換を持っておりますが、一部のキーをサポートしていません。アプリケーションによっては、これらのサポートされていないキーが必要となる場合があり、その場合は本キーボードではそのアプリケーションはお使いになれない場合があります。
  8. 本キーボードは、KVMスイッチ(CPU切替器)経由での接続動作は保証しておりません。
    パソコン本体に直接接続してご使用ください。
接続機種
(設定モード)
互換キーボード サポートしていないキー
PC(HHKモード) 101 keyboard CapsLock、右Control、テンキー
PC(Lite拡張モード) 104 keyboard 右Control、Menu、テンキー(+,-,*,/を除く)
Mac(Macintoshモード) Extended keyboard II 右Control、テンキー(Clear, Enter,+,-,*,/を除く)

※モード切替スイッチにより設定モードを選択してください。

Happy Hacking Keyboard Lite 2 PS/2モデル

  1. 本製品は、生命維持のための医療機器用、海底中継器用、航空宇宙用、原子力制御用など極めて高い信頼性が要求される機器への使用を目的としていません。これらの用途にご使用をお考えの場合は事前にご連絡ください。
  2. 本キーボードのケーブルはキーボード本体より2mのものが直接出ておりますので、別途ケーブルをお買い求めいただく必要はありません。
  3. PC-ATタイプ(DIN 5pin)のキーボードコネクタの付いたPCをお使いの場合は、別途PS/2→AT変換コネクタをご用意ください。PS/2→AT変換コネクタはPCショップで販売されています。
  4. まれにキーボードコネクタのカバー部分がPC本体カバーに接触して挿入できないものがありますのでご注意ください。当社で認識している機種は以下の通りです。
    •  SONY VAIO PCV-LX30/BP
      これらの機種でお使いになる場合は、キーボード延長ケーブル(コネクタカバー部分が細いもの)を介しての接続をお願いします。
  5. 本キーボードは、PC(PS/2)の標準的なキーボードと互換を持っておりますが、一部のキーをサポートしていません。アプリケーションによっては、これらのサポートされていないキーが必要となる場合があり、その場合は本キーボードではそのアプリケーションはお使いになれない場合があります。
配列 互換キーボード サポートしていないキー 備考
US配列 104 keyboard 右Control, Menu, テンキー  
JIS配列 OADG 109A keyboard 右Control, Menu, テンキー Windowsキーは、Fnを押しながら半角/全角 漢字キー、またはカタカナ ひらがな ローマ字キーを打鍵します。

Happy Hacking Keyboard

  1. 本製品は、生命維持のための医療機器用、海底中継器用、航空宇宙用、原子力制御用など極めて高い信頼性が要求される機器への使用を目的としていません。これらの用途にご使用をお考えの場合は事前にご連絡ください。
  2. PC-ATタイプ(DIN 5pin)のキーボードコネクタの付いたPCをお使いの場合は、別途PS/2→AT変換コネクタをご用意ください。PS/2→AT変換コネクタはPCショップで販売されています。
  3. 本キーボードは、Sun,PC(PS/2),Macの標準的なキーボードと互換を持っておりますが、一部のキーをサポートしていません。 アプリケーションによっては、これらのサポートされていないキーが必要となる場合があり、 その場合は本キーボードではそのアプリケーションはお使いになれない場合があります。
    それぞれの機種のキーボードとの違いを以下の表に示します。
  4. 不具合について
    ナナオ製i-Switchを使ってMacに接続しますと、CAPS LOCK状態になったまま解除できないことがあるという報告があります。
接続機種 互換キーボード サポートしていないキー 追加したキー
Sun Type5 UNIX keyboard CapsLock, Compose, AltGraph, テンキー, Help, Stop, Props, Front, Open, Find, Again, Undo, Copy, Paste, Cut, Mute, Vol-Down, Vol-Up --
PC(PS/2) 101 keyboard CapsLock, 右Control, テンキー 無変換, 変換
Mac Extended keyboard II CapsLock, 右Control, テンキー(Clear, Enterを除く) --

※無変換/変換キーはWindows95/98の標準キーボードドライバでは動作しません。

Happy Hacking Keyboard Lite

  1. 本製品は、生命維持のための医療機器用、海底中継器用、航空宇宙用、原子力制御用など極めて高い信頼性が要求される機器への使用を目的としていません。これらの用途にご使用をお考えの場合は事前にご連絡ください。
  2. 本キーボードのケーブルはキーボード本体より2mのものが直接出ておりますので、別途ケーブルをお買い求めいただく必要はありません。
  3. PC-ATタイプ(DIN 5pin)のキーボードコネクタの付いたPCをお使いの場合は、別途PS/2→AT変換コネクタをご用意ください。PS/2→AT変換コネクタはPCショップで販売されています。
  4. まれにキーボードコネクタのカバー部分がPC本体カバーに接触して挿入できないものがありますのでご注意ください。当社で認識している機種は以下の通りです。
    •  SONY VAIO PCV-LX30/BP
      これらの機種でお使いになる場合は、キーボード延長ケーブル(コネクタカバー部分が細いもの)を介しての接続をお願いします。
  5. 本キーボードは、PC(PS/2)の標準的なキーボードと互換を持っておりますが、一部のキーをサポートしていません。アプリケーションによっては、これらのサポートされていないキーが必要となる場合があり、その場合は本キーボードではそのアプリケーションはお使いになれない場合があります。
互換キーボード サポートしていないキー 追加したキー
104 keyboard 右Control, Menu, テンキー 無変換, 変換*

※無変換/変換キーはWindows95/98では動作しません。

左右Windows, CAPS LOCKは、背面スイッチの設定により使用できますが、左右Windows,CAPS LOCKを使うか、変換/無変換を使うかの選択となります。

サポート窓口

受付窓口 株式会社PFU イメージング サービス & サポートセンター
E-mail E-mail hhkb@pfu.fujitsu.com
専用フォーム 入力フォーム お問い合わせ専用フォーム
電話

050_mark 050-3786-0811


  • 上記の電話番号は、NTTコミュニケーションズ株式会社の050ビジネスダイヤルを利用しております。
    ご利用いただけない場合は、NTT東日本またはNTT西日本の一般加入電話からおかけいただくか、
    045-523-1995にお問い合わせください。
  • 電話番号をお間違えにならないようお願いいたします。
  • トーン信号が出ない電話機でおかけの場合は、そのまましばらくお待ちください。オペレーターが応答します。

お問い合わせの内容・発信者番号は、対応状況の確認と対応品質向上のため、録音・記録をさせていただいております。

受付時間 9:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始・当社休業日を除く)

※記載されている商品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。