1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. Happy Hacking Keyboard

マスメディア掲載記事

これまでにコンピュータ専門誌や新聞などに取り上げられた関連記事の一部をご紹介します。

2016年 |  2015年 |  2014年 |  2013年 |  2012年 |  2011年

2010年 |  2009年 |  2008年 |  2007年 |  2006年 |  2005年 |  2004年 |  2003年 | 2002年以前


雑誌/単行本/新聞に取り上げられたタイトル一覧

誌名 タイトル 概要

岩波書店
叢書 インターネット社会
全7冊
1,700円

消えゆくコンピュータ
久保田 晃弘
多摩美術大学の情報デザイン学科における和田先生の招待講義の内容をベースに、約15ページにもわたりHappy Haking Keyboardの紹介とそのデザイン思想について解説されています。

すばる舎
CompuBooks
1,500円

自作派のための
PCパーツ選びのコツ
高橋隆雄
キーボードの種類、構造、選び方などについてまとめられています。
Q&Aでは、「キーボードにとにかくこだわりたいという人には、PFUのHappy Hacking Keyboardなどはいかがでしょうか?」と、キーレイアウトの詳しい図と共に紹介されています。

PC・Gaz!
Buyer's
連載コラム

ゼロ・ハリの電気街Walking 日経BP社のWebマガジンの連載コラム第1回目「こだわりのキーボード」を探してみたいで紹介されました。

Mac Fan
99/03

  毎月1名様にHappy Hacking Keyboardをプレゼントしている当社のクイズコーナーが紹介されました。

Software Design
99/03

新製品紹介 「人気のコンパクトキーボードがリーズナブルに」と値下げのニュースが紹介されました。

UNIX USER
99/03

New Products 「PFU、コンパクト・キーボード Happy Hacking Keyboard を最大33%値下げ」とニュースが紹介されました。

PC WAVE
99/03

新製品紹介 「あの小型キーボードが大幅値下げに」とニュースが紹介されました。

MacPower
99/03 p.282

LoadTestだよ、全員集合
田澤 覚
「私が非常に気に入っている、とっっっても素敵なキーボードが、(株)PFUの『Happy Hacking Keyboard』です。」と、特長と値下げのニュースを紹介しています。

ASCII
99/2 p.174

省スペースマシンは
ホントに機能的か!?
省スペースマシン向けのキーボードとして、「Happy Hacking Keyboardは、その大きさにも関わらず入力しやすさではピカイチというスグレモノだ。キーストロークは深めで、押した感触がしっかりあるのがいい。」と評価していただきました。

DOS/V
magazine
99/2/1 p.126

省スペースマシン完全理解 コンパクトなマシンには、やはりコンパクトで快適な省スペースキーボードが最適ですね。当社のHappy Hacking Keyboard IIも紹介されています。

Linux Journal
1998/12 p.92

Product Review
Jeremy Dinsel
米国のLinux Journal誌に紹介されました。「実際に使ってみるまでは、このキーボードの評判には懐疑的だったが、一ヶ月使ってみたらもう他のキーボードを使っている自分を想像できなくなってしまった( I was skeptical about the remarks I had heard before I became a Happy Hacking Keyboard user. Now, one month after laying my fingers on it, I can't imagine using any other keyboard. )。」とのことです。

MacLife
1998/10 p.61

トピックス HHKeyboard開発担当者に、「iMacキーボードを見た感想」を取材した内容です。

MacPower
1998/10 p.144

新着ソフトや気になる
プロダクトを紹介
「常に持ち歩きたくなるマイ・キーボード」として製品紹介されました。

岩波書店刊
実戦パソコン入門
シリーズ全7巻

第一巻
『実戦Windows98入門』
石田 晴久著
「キーボードは最高級のもの1個を選んで、絶えず持ち歩き、一生続けて使うのがよい」という和田先生のコメントを添え、「マニア的なユーザーに使われています」と紹介されました。

DOS/V Power Report
1998/10

スタパ斎藤のねっとでGET
Vol.10
筆者の環境ではキーボードをHHKeyboardだけに統一するのは難しいので、結局普通の101配列に戻ったそうです。

ARCAS(JAS機内誌)
1998/9 p.62

マルチメディア活用法
富永 裕久
キーボードを買い換えた話を原稿にするにあたっていろいろ調べたところ、このHHKeyboardを発見されたそうです。

DOS/V Power Report
1998/9 p.344,345

スタパ斎藤のねっとでGET
Vol.9 イカしたキーボードをGet!!
「キーボード探求欲」が出て、ネットでHHKeyboardのページを発見、さっそく通販でゲット。ゲームには不向きなものの、「これまで見付けた中ではトップクラスの使いやすさであることは確かだ」そうです。

日経産業新聞
1998/6/29

電脳ウォッチ研究開発の視点
~パソコン、本体はわき役~
「普段使いのパソコンではディスプレイやキーボードこそが主役であり、CPUは脇役」で、もはや「パソコン本体を取り換えてもディスプレイとキーボードは取り換えないことが常識になっている」として、HHKeyboardを例に挙げ、「手に馴染んだキーボードこそ、代々受け継いでいくべきもの」と、発想の転換を促しています。

週刊ASCII
1998/6/25 p.55

特集2 インターネット通販 「国内の通販サイトから買えるちょっと変わったパソコン関連グッズ」として写真付で紹介。

MacWorld
1998/4 p.162

「Happy Hacking Keyboard」
マルチプラットフォーム対応
小型キーボード
「複数のプラットフォームを使いこなすユーザーが、マシンを変えるたびにキーボードが変わってしまう煩わしさを解消するために開発されたキーボード」として製品紹介されました。
なお、「専用のケースが付属している」という記述がありますが、ソフトケースは別売です。
誌名 タイトル 概要

日経トレンディ
1998/4 p.65

明日を元気にする「超局地」
ヒット商品
「3万円もする高級キーボード、こだわりマニアに受けヒット」という見出しで、人気の秘密を取材しています。

Mac Fan
1998/3/15 p.161

キーボード 「異色のキーボード」として製品紹介されました。

日経ベストPC
1998/3 p.138

パソコン大失敗委員会(その3)
至高のキーボードを探せ
「コンピュータ・マニアのための理想のキーボードとして開発されたもの」として紹介。

SoftwareDesign
1998/2 p.162

Linuxニュース第3回
はね ひでや
筆者の使用感を中心に紹介。ケーブルをオプション化すれば、「本体+いずれかのコネクタで、希望小売価格を2万円程度に持っていけるはず」と、低価格化を望む意見も述べています。

MacLife
1998/2 p.160

Macware Selection
長田 尚一郎
「ケーブルの交換だけでMac、PC互換機、SPARCstationに利用できるコンパクトキーボード」として製品紹介。

SoftwareDesign
1998/1 p.

新ハミダシ情報局
(第13回)
旧モデルユーザーでもある編集者による、モデルチェンジの紹介。

MacLife
1998/1 p.187

「超こだわり派」の
次世代入力グッズ
「UNIXユーザーの間で密かな大ブームとなりつつある」HHKeyboardの人気の秘密を、和田先生へのインタビューと共に紹介。

MacLife
1998/1 p.279

New Products 「机上でも場所をとらず、鞄に入れての持ち運びも可能なため『操作性のよいキーボードを機種が変わってもずっと使い続けたい』というパワーユーザー向き」と紹介。

PC WAVE
1998/1 p.140-p.142

キーボードにこだわる!Part.4
長谷川 淳一
「道具としての機能美を徹底的に追及したものとなった。思考を中断されないキー配置は、まったく素晴らしい」と機能を絶賛。ただ、「誰もがフェラーリは良い車だと認めている。だが、誰もがフェラーリのオーナーになれるわけではない」とたとえ、低価格化を望まれています。

DOS/V magazine
1997/10.15 p.278-p.283

買い物ウォーカー
~秘境"アキバ"のお宝探し~
「マシンの顔であり、インターフェースの要であり、そしておそらくパーツの中では一番長持ちするであろうキーボードこそ金に糸目を付けず最高品質のものを用意しておくべきだ」という筆者の持論と共に、HHKeyboardの購入した理由を紹介。

bit
1997/9 p.29-p.36

続・キーボード談義
「自分用」キーボード
原田 康徳
NTT基礎研究所の中にいる大勢のHHKeyboardユーザーの中でも、「刻印なしキートップ」に取り換えてしまった「僕のまわりの変な人たち」を紹介。

UNIX MAGAZINE
1997/9 p.61

連載/BSDをハックする
斎藤 明紀
「旅先で大量の原稿を入力しても指にかかる負担が軽くてすみます」と、IBMのPC110と共にHHKeyboardを持ち歩いているそうです。

bit
1997/8 p.4-p.14

続・キーボード談義
和田キーボード顛末記
八幡 勇一
開発者の立場から、HHKeyboard発売までの顛末を詳細に記述。
「キーボードはコンピュータの周辺装置の中では"機械"ではない"道具"としての特質ももった唯一のものではないでしょうか。あらゆる道具が一般用と区別してプロ仕様という分野が確立されているのに、キーボード、特に国内で売られているものは、アマチュア用ばかりのように見えます。HHkeyboardでわかったことは、キーボードに関してもプロ仕様を欲している人たちがいるのだということでした。」

日経WinPC
1997/6 p.16-18

もっと楽に打てるキーボードは
ないの?
写真と共に製品の簡単な紹介。

bit
1997/5 p.4-p.12

続・キーボード談義
個人用小型キーボードへの
長い道
和田 英一
タイトルの通り、和田先生のキーボードに対する強い思い入れが通じ、やっとHHKeyboardが製品化されるまでの経緯について興味深く書かれたエッセイ風の読み物です。ぜひ、原文をお読みください。

UNIX MAGAZINE
1997/5 p.101

ワークステーションの
基礎知識[24]CPU(2)
斎藤 明紀
「よいキーボードがないことを嘆きましたが、最近かなりまともなキーボードが発売されました。」と、HHKeyboardを紹介。

SoftwareDesign
1997/5 p.208

新ハミダシ情報局
(第5回)
キータッチも「なかなかよいではないか」と、届いたHHKeyboardの使用感。

日経WinPC
1997/5 p.198

WinPCパーツ情報 「所有欲にかられる逸品だ。持つだけで恋人ができ、英語で92点取れそうな気がする。要するに、UNIX系の人が説く理想のキーボードに近いのだ。」と、HHKeyboardを紹介。

SoftwareDesign
1997/4 p.208

新ハミダシ情報局
(第4回)
「でも、ほしい。そう掻き立てるものが、このHHKにはある。好きになった女の子と同じである。絶対に手に入れなければならない!」と、HHKeyboardを注文するまでの経緯を紹介。

日経パソコン
1997/3/24 p.262

バイヤーズガイド
使い勝手にこだわる
キーボードの選び方
松尾 康徳
「テンキーだけでなく一番上のファンクションキーも削ることによって、さらに小型化を追求した」として紹介。

UNIX MAGAZINE
1997/4 p.107

連載/FreeBSDノート
浜田 直樹
「実際に使ってみると、机の有効面積が広くなり思いがけず便利になった。」と使用感を紹介。

SUPER ASCII
1997/3 p.255

今月の注目
SA Lab.島田
「できれば、いつでもどこでも自分の気に入ったキーボードで作業したいものだ」、という「PCヘビーユーザーの願望を叶えてくれそうなキーボード」が登場したと紹介。

UNIX MAGAZINE
1997/2 p.10

NEWS 写真付で製品紹介。


上記以外の記事などがありましたら、是非お知らせください。
E-mail: hhkb@pfu.fujitsu.com