1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. Happy Hacking Keyboard

Happy Hacking Keyboard Lite2

FAQの一覧ページへ戻る

共通

Q1 キーボードのUSB HUBポートに、他のUSB機器を接続したままパソコンに接続するとうまく動作しないのですが。
A1

Windows / Macintosh

パソコンの動作中に、キーボードのUSB HUBポートに機器を接続したまま抜き差しを行うと、正常に認識されない機器があるようです。
その場合は一旦キーボードのUSB HUBポートから機器を外して、キーボードをパソコンに接続し、その後でキーボードのUSB HUBに機器を接続してください。


Q2 KVMスイッチ(切替器)を用いて複数のパソコンに接続して使用することができますか?
A2

Windows / Macintosh

KVMスイッチ(CPU切替器)経由での接続動作は保証しておりません。パソコン本体に直接接続してご使用ください。


Q3 パソコンに接続したUSB HUBにLite2を接続したら動作しません。
A3

Windows / Macintosh

Lite2にはUSB HUB機能があるために、USB HUBへの接続はできません。
直接パソコン本体のUSBポートか、セルフパワード(*) USB HUBに接続してください。

(*) AC アダプタなどの外部電源からの電力供給で動作する


Q4 キーボードのUSB HUBにテンキーを接続したら動作しません。
A4

Windows / Macintosh

Lite2のUSB HUBはバスパワード(*1)のため、100mAを超える消費電流を必要とするテンキーの接続はできません。
直接パソコン本体のUSBポートか、セルフパワード(*2) USB HUBに接続してください。

(*1) USBポートからの電力供給で動作する

(*2) AC アダプタなどの外部電源からの電力供給で動作する


Q5 Sun Microsystems社の製品で、Lite2のUSBインターフェースモデルを使用することはできますか?
A5

Windows / Macintosh

OBPがキーボードを認識しませんので、ご使用になれません。
Sun Microsystems社製 サーバ/ワークステーションへの接続は当社ではサポート対象外とさせていただいております。


Q6 PlayStation2に接続してPlayOnline™のFINAL FANTASY XI®のキーボードとして使うことはできますか?
A6

Windows / Macintosh

日本語モデル(PD-KB210W/U、PD-KB210B/U)と、英語配列モデル(PD-KB200W/U、PD-KB200B/U)は、PlayStation2に接続してFF XIにて、動作を確認済みです。

Lite2のUSB HUBにマウスを接続して使用することができます。

英語配列モデルは正式には対応しておりませんが、以下の手順で設定することにより、チャット等ではお使いいただけます。

  1. PlayStation2を起動
  2. PlayOnlineにログイン
  3. メインメニューから、「オプション」→「日本語入力」→「入力方法」を選択
  4. 「キーボードレイアウト」を「英語」に変更

キー操作は以下の通りです。

  • 日本語入力切替:【 Alt 】 + 【 ~ 】 キー
  • 日本語変換:スペースバー

(ご注意)移動など、テンキーを使用する操作には対応しておりません。コントローラをご使用ください。
PlayOnline™ (FINAL FANTASY® XI)では、Lite2のUSBポートに接続したUSBテンキーは動作いたしません。
Windows版 FINAL FANTASY® XI での動作確認は行っておりません。


Windows

Q1 刻印通りに入力することができません。
A1

Windows

ドライバが正しくインストールされていません。
ドライバの変更を行ってください。


Q2 Deleteキーを、BackSpaceキーとして使いたいのですが。
A2

Windows

◇英語配列のみ
キーボード後部のDIPスイッチでBackSpaceキーとして使えるように設定可能です。


Q3 左右◇キーを、無変換/変換に設定するのはどうすればいいでしょうか?
A3

Windows

トリニティーワークス社の"USJP"というシェアウェアソフトをインストールすることにより、左右の◇キーを変換/無変換に変更することができます。一般に流通しておりますフリーウェア「change Key」等を使って、マッピングの変更を行うことも可能です。


Q4 入力できないショートカットキーがあるのですが。(Lite2 英語配列 PS/2)
A4

Windows

内部のキーマトリクス回路の制約上、いくつかのキーの組み合わせにおいてキーコードが出力されません。

  キーコンビネーション Lite2での打鍵 備考
1 【Control】 + 【Home】 【Fn】 + 【Control】 + 【←】 Windowsでは「文頭に戻る」
2 【Alt】 + 【PageUp】 【Fn】 + 【左◇】 + 【↑】 DIPスイッチ 4 = ON の時のみ
3 【Alt】 + 【PageUp】 【Fn】 + 【右◇】 + 【↑】 DIPスイッチ 4 = ON の時のみ

Lite2の英語配列 PS/2モデルのみ。USBモデルは対象外。

■代替手段■

  • 1項については、【Fn】 + 【Control】 + 【K】 で入力できます。
  • 2、3項については、DIPスイッチ 4をOFF (Altと◇の入れ替えなし) でお使いください。

Q5 入力できないショートカットキーがあるのですが。(Lite2 日本語配列)
A5

Windows

Windows Vista® において、「Windows フリップ 3D」のショートカットキー (「Winキー」 + 「Tabキー」) はご使用できません。

Windows Vista® の「ウィンドウを切り替える」というショートカットアイコンをご使用ください。


Q6 CapsLockはどうするのですか?
A6

Windows

【Fn】 + 【Shift】 + 【Tab】 キーでCapsLockの働きをします。
(通常、日本語キーボードの場合、【Shift】 + 【CAPS】 キーの押下でCapsLock状態になります。)

Lite2 では、CapsLockの無い状態にすることはできません。


Q7 USBモデルに市販のUSB to PS/2変換プラグを使用してPS/2で使用できますか?
A7

Windows

使用できません。
USB to PS/2変換プラグを使用するにはUSBキーボード本体側がPS/2変換に 対応している必要があります。

Lite2のUSBモデルは対応しておりません。


Q8 特殊ロゴ(記号)キーの意味を教えてください。
A8

Windows

【日本語配列 かな無刻印の場合】



Macintosh

Q1 Macで使用できますか?
A1

Macintosh

Macドライバをインストールしていただくと、Mac専用キー(機能)が割り付けられMacキーボードとしてご使用できます。


Q2 USB HUBに挿した「Apple Pro Mouse」が使用できません。
A2

Macintosh

Mac OS Xで、Lite2のUSB HUBに『Apple Pro Mouse』を接続すると認識されない場合がある、という事が確認されています。
使用できない場合には、マウスは本体に接続してお使いください。


Q3 Macドライバは、どこまでMac OSに対応していますか?
A3

Macintosh

Mac OS 8.6~OS X v10.12 High sierra (ただしv10.0を除く)まで対応しています。


Q4 パソコンに増設したUSBインターフェースカードにLite2を接続しMacドライバをインストールしたら動作しません。
A4

Macintosh

Macドライバは、サードパーティ製のUSBインターフェースカードを実装したパソコンでは動作しません。


Q5 入力できないショートカットキーがあるのですが。(Lite2 日本語配列)
A5

Macintosh

内部のキーマトリクス回路の制約上、いくつかのキーの組み合わせにおいてキーコードが出力されません。

左Command + Shift + Tab : 起動中のアプリケーションの切り替え

左Command + Shift + Del : ゴミ箱を空にする


Q6 Mac OSをアップデートするとドライバが正しく動作しません。
A6

Macintosh

Mac OSのアップデートを行った後、OSに対してキーボードを再認識させる必要があります。
下記手順で再認識を行ってください。

  1. 弊社ドライバがインストールされている場合、アンインストールしてください。
  2. OS再起動の後、「システム環境設定」→「キーボード」を開き「キーボードの種類を変更」をクリックします。
    ※必ずキーボード(HHKB)を接続した状態で実施してください。
  3. キーボードの設定アシスタントの指示に従って、キーボードを正しくOSに認識させてください。
  4. 日本語配列の場合は「JIS(日本語)」、英語配列の場合は「ANSI(米国その他)」が選択されます。
  5. 再度、弊社ドライバのインストールを行ってください。