1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. エンベデッド製品 > 
  4. テクニカル解説 > 
  5. IoT ゲートウェイ

IoT ゲートウェイ

エッジコンピューティングを支えるPFUのIoTゲートウェイ

多種多様なセンサからの入力情報、年々高解像となるカメラのデータ、それを伝送する高速なネットワークなど、IoT実現のために必要なデータ量は増加の一途をたどります。一方で、従来からのリアルタイム制御が必要な現場においても、IoT活用により大量のデータを収集・分析し、その結果を即時にフィードバックできる環境が求められています。これらの相反する要望を実現するため、クラウドではなく、より装置に近いところでデータ処理を行うエッジコンピューティングが必要となります。
PFUは、お客様が実現するエッジコンピューティングにご活用いただける「IoTゲートウェイ」をご提供しております。


エッジ/クラウド処理を分担できる各種CPUを用意

小型、省電力優先のAtomから、クラウド処理をエッジ側で担うエッジコンピューティングを実現するXeonまで、用途に応じた各種CPUをご用意しております。

ユーザアプリ/OSのプラグインによるカスタマイズ化に対応

Windows、Linuxなどの汎用OSからリアルタイムOSまで対応し、単なるセンサ情報の経路としてだけでなく、センサから得られたデータの処理、デバイス管理等のアプリケーション搭載も可能にします。

産業用ネットワーク(EtherCATなど)を含む多様なIoTエッジ接続プロトコルに対応

エッジコンピューティングとリアルタイム性が求められる産業用ネットワークを共存させるため、EtherCATをオフロードエンジンにより実現しています。その他、様々なインタフェースにおいても、IoTゲートウェイが搭載する拡張用PCI Expressスロットで対応します。

産業用PLC機能の組み込みにも対応

IEC61131-3準拠の5種類のプログラム言語に対応したソフトウェアPLCを利用可能です。1台のIoTゲートウェイ装置内にWindowsとリアルタイム動作可能なソフトウェアPLCを共存させることができます。

Microsoft Azure Certified for IoT

IoTプラットフォームとして、Microsoft Azureに対する接続を保証するMicrosoft Azure Certified for IoTを取得しております。


エンベデッドに関するお問い合わせ